パテックフィリップ ノーチラス Ref. 5711/1A-010 ディスコンの先

先日、(我々にとって)突如として降って湧いたニュースがある。 パテックフィリップの最強モデルにして、ラグジュアリースポーツ界の頂点に君臨する ノーチラス5711 /1A-010 の製造終了のニュースを目にした。もちろん私は持ってない。既にお持ちの方、羨ましい限りです。 とか言いながら、製造終了は想定の範囲内の部分でもありました。驚いたことは、市場の反応の早さでした。 そのニュースが飛び込んで来るや […]

MINGから新バージョンがリリース&瞬殺ソールドアウト!

先日、2021年1月14日に 2020年GPHGチャレンジ部門ファイナリストの MING 27.01 と MING 27.02 の予約受付が行われました。当然エントリーするべく、当日はスマホをスタンバイしていたのですが、仕事の日。そう簡単にスマホやPCで時計のHPにアクセスすることは人目もはばかられ、結局 MING のHPをチェックした時には、完売状態。Too Late… MINGファ […]

【ロレックス】2020年新作人気モデルの市場価格推移を見てむせび泣く

最近、ロレックスに行っても全く買えそうな雰囲気がないので諦めムードのオサーンです。とはいうものの、SNSを覗いてみると結構な数の購入報告があります。それを見るたびに少し勇気付けられ、パトロールに行っては傷ついて、という繰り返しの日々です。こうして僕は強くなっていく。 でも、どうしても欲しい時計を半年、1年と正規店マラソンでメンタル崩壊するぐらいなら、並行店でサクッと買っちゃうのも一考。もう昨年の新 […]

HARRY WINSTON Project Z14 Ref.OCEARS42ZZ001

2020年新作として登場した ハリー ウィンストン の “プロジェクト Z14” 。やはり目が行くのはダイヤル下部の “赤い針” で表されている(注1)レトログラードではないでしょうか? 注1・・・フランス語で逆行を意味する。 (英語ではレトログレード) 時計の用語としては、反復運動を行う針によって時刻やカレンダーなどを表示する複雑機構をさす。 逆に […]

2021年1月 並行店 雲上人気オススメモデル 

ロレックスに行っても人気モデルはなかなか買えないから、または憧れていたという理由でここ数年の雲上ブランドの人気が凄いことになってきています。私もそんな一人です。一生 “縁” なんてないと思っていた雲上ブランドを数本所有するに至りました。この自己満足度はハンパではない。でも問題なのは、この満足度が決して満たされることがないということ。いや、もしかしたら満たされることがあるのか […]

レアモンクエスト2 雲上の神々 II

最近、外国人ユーチューバーのリアクション動画にハマっているオサーンです。ケニアのユーチューバーがかなり面白くて、どちらかというと「ねずこちゃ~ん!」という彼にハマっています。   【音量注意】 その影響で、今更ながら「鬼滅の刃」に興味が湧いてきました(まだ何も観てません)。そういえば、僕の友達の家に、「君の縄」っていうアダルトDVDが置いてあって爆笑したことを思い出しました。 新型コロナウイルスの […]

ZENITH クロノマスター リバイバル トリオ 出揃う!

ゼニスと言えば、エルプリメロ。クロノグラフムーブメントと言えば、エルプリメロ。時計界に於いて、代名詞中の代名詞。1969年に初の自動巻きクロノグラフムーブメントを発表し、世界を驚かせたゼニスは、エルプリメロ A384 / A385 / A386を世に送り出します。下の画像は、1969年当時のパンフレットです。 via SJX 当時のこのモデル達の価格を今見てみると、100万円~200万円あたりにな […]

GIRARD-PERREGAUX Laureato 42mm Infinity Edition Ref. 81010-11-635-11A

もう売り切れちゃったんだろうけど、格好いいモデルが2020年の暑い時期に発表されました。ジラール ペルゴというブランドですが、馴染みのない方もおられるかも知れませんので、少しだけブランドの説明を。 ジラール ペルゴは1867年に日本に正規代理店が開設されたという、超の付くほど老舗。ブランド設立はなんと1791年という世界最古のマニュファクチュールの1つ。セイコーと同じ時期にクォーツ時計を開発し、ス […]

OMEGA のスピードマスターが前のまんまで新しい

以前より噂されてはいましたが、オメガからスピードマスターの新作が発表されました。SNS界隈でも結構な賑わいをみせるほど、新作の情報が出回っていました。やっぱり、このスピードマスター ムーンウォッチって、根強い人気なんですね。今まで、ケースサイズや針の形状が変わったことがあるにせよ、基本的なデザインは同じ。もう完成されていたデザインなんでしょうね。 やっぱり、無駄をそぎ落とした派手さのないクロノグラ […]

Marco Lang Zweigesicht-1

ドイツの時計と言えば、「素晴らしい彫金技術と洗練されたデザイン」というイメージだ。今回紹介するマルコ ラングの「Zweigesicht-1(ツヴァイゲズィヒト-1)」は、そのイメージ通りというよりも、それ以上なんです。 variation III – プラチナ マルコ ラングという人物の年表を記しておきます。 1971年 マルコ・ラングは代々時計職人を生み出してきた家系の五代目として生 […]

1 78