TUDOR North Flag Ref.91210N

オススメ度★★★☆☆ バーゼルワールド2015で発表されたモデルだったのですが、日本には正規代理店が存在せず、当時は並行店からの購入しか無理でした。2018年10月のチューダー日本上陸の後、2019年3月に正式に日本でリリースされました。 イギリス海軍の北グリーンランド探検隊が1952年に行った調査に、ロレックスと同名のチュードルオイスタープリンスが26本使用されました。そのとき、非常に厳しい自然 […]

RICHARD MILLE RM032 Diver Flyback Chronograph

オススメ度★☆☆☆☆ 大迫力のクロノグラフ搭載のダイバーズウォッチです。スケルトンの近未来的なモデルを作り続けている”超“ハイエンドスポーツウォッチブランドであるリシャール・ミルですが、ブランドのイメージとしては、角型(長方形に近い)のデザインが先行します。しかしやはりダイバーズウォッチということで、回転ベゼルを搭載した”一見普通“のデザインのように […]

CITIZEN ATTESA CC4006-61E / CC4005-63L STAR WARS Limited model

メーカー説明 今回、スター・ウォーズの世界観を表現したモデルと人気キャラクターであるダース・ベイダーをモチーフにした2モデルを用意しました。それぞれを代表するカラーリングと繊細な装飾で表現しました。スター・ウォーズモデルは、チタニウムの色調を生かしたシルバー色が特長の「デュラテクト※2チタンカーバイト」を使用したケースとバンド、ライトセイバーの代表的な色であるブルーに、宇宙空間を想起させるラメを施 […]

PATEK PHILIPPE Nautilus Ref.5724R-001 / 5724G-001

オススメ度★★☆☆☆ 恐ろしいまでの輝きでした。先日、このローズゴールド×ダイヤモンドベゼルのモデルを拝見する機会があり、手元が震えました。憧れのノーチラスですが、これはさすがに買えそうもない眩い光を出しておりました。 丸みを帯びた8角形のベゼル、船の舷窓からインスピレーションを得たケース、水平エンボス文字盤により、ノーチラスは1976年の誕生以来、カジュアル・エレガンスを体現しています。40年後 […]

革ベルト仕様のデイトナを考察する

朝晩の冷え込みが出てきた2019年後半ですが、この時期になると「革ベルト」が着けやすい。最近は、肌に当たる内側が”ラバー“、見える外側が”革“というハイブリッドストラップと言うのもあり、汗をかいてもそれほど心配することがないようです。 「時計好き」の中には「ロレックス好き」が多く、「ロレックス好き」の中には「デイトナ好き」がかなり多いはず。三段論法を […]

日々是、思ふ 其の漆

「日々是、思ふ」は、オサーンがちょっと時計とは関係ないこと(時には関係あること)、思ったことを綴る時事的コラムです。社会派ハードボイルドとでも言うべきか。100人に1人でも共感してもらえれば本望です。 基本、「オサーンの愚痴の掃き溜め」である。   先日、スウェーデンの高校生環境活動家グレタ・トゥンベリさんのニュースと、本日11月15日に見たニュース「時速約600万キロの超高速で移動して […]

PATEK PHILIPPE Annual Calendar Regulator 5235R (Ref.5235/50R)

オススメ度★★★★☆ パテック・フィリップは年次カレンダー、レギュレーター・タイプの新しいローズゴールドバージョンを創作しました。このモデルは、縦サテン仕上げの装飾を施した、グラファイトとエボニーブラックの2トーンの文字盤を備えています。 このモデルのために開発された自動巻キャリバー 31-260 REG QAの特徴は高度なレギュレーターで、Silinvar®素材から作られたPulsomax®脱進 […]

JAEGER LECOULTRE Master Minute Repeater Ref.Q1642450

オススメ度★☆☆☆☆ 昔から好きなブランドなのですが、一度も手にしたことがありませんでした。有名なモデルとしては、「レベルソ」なんていう角型のお洒落なジャガールクルト定番モデルがあるのですが、実際に試着すらしたことがありませんでした。一度、ゆっくりと正規店でコレクションを見せてほしいブランドの一つです。 さて今回、初めて紹介することとなったのは、複雑機構の1つである”ミニッツリピーター […]

GLASHÜTTE ORIGINAL SeaQ Panorama Date Ref.1-36-13-xx-xx-xx

オススメ度★★☆☆☆ 170年以上前、最初の時計職人マスターがグラスヒュッテに定住し、情熱、専門知識および豊かなアイデアをもってグラスヒュッテ時計製造技術の開発に着手しました。時代が何世代も過ぎ、グラスヒュッテ・オリジナルという名前に特別な輝きを与える卓越と創造性の文化が生まれました。このスタンダードは、今日でもまだインスピレーションを与え、引き続き新製品を開発するよう当社を駆り立てています。 こ […]

日々是、思ふ 其の陸

「日々是、思ふ」は、オサーンがちょっと時計とは関係ないこと(時には関係あること)、思ったことを綴る時事的コラムです。社会派ハードボイルドとでも言うべきか。100人に1人でも共感してもらえれば本望です。 基本、「オサーンの愚痴の掃き溜め」である。   今回はどうでもいい(いつものことだが)痴話話〈ちわばなし〉ですが、ご勘弁を。 実は先日、会社の営業で小倉まで行ってきた。日帰りということもあ […]

1 51