ランゲ

1/2ページ

レアモンクエスト DAY8

ステイホームということで家にいるとき、電気の検針に来たパートらしきママーンに「原発マネーの闇」を訴え、利用者代表として苦情をぶちまけたが、全て言い終わった時にガスの検針だったとわかって引くに引けなくなったオサーンです。ちなみにウチは田舎なのでプロパンですが、良い業者さんで安くしてくれています。これからもヨロシクです。 思えば、ロレックスを始めとした正規時計店をパトロールするのが4月初旬以来というこ […]

A. Lange & Söhne の豆知識を知ったかぶりする

30代のとき、岩盤浴で気持ちよくなり少し寝ていたら、隣にいた友達がこっちに向けて毛だらけの汚らしいお尻を向けてたので、「汚ねぇケツ向けるなよ」と、ケツ蹴り上げたら全く知らんオッサンで平謝りして帰ったという、淡い思い出のあるオサーンです。 いやぁ、時計が好きになってから「いつかは”ランゲ1″」と夢見て、とうとう買っちゃったことにより、日々、満足感で満ち溢れています。 そんな […]

レアモンクエスト DAY6

新型コロナウイルスの影響で学校が休校となり息子の友達が毎日遊びに来ています。一応勉強もしているようで、先日は歴史の勉強をしていました。 友達:「徳川家康の息子が秀忠で3代目が・・・徳川出光?何やった?」 息子:「それはガソリン臭いな。ほな4代目は徳川エネオス、エッソか。」 友達:「ふ~ん。」 とシュールな会話をしているのを横で聞いていたオサーンです。 車に乗っていると、色々なものを発見しますね。 […]

レアモンクエスト DAY5

これは昭和に土木作業員の息子として、大阪市城東区蒲生(がもう)四丁目で生まれた男の物語。   2020年2月某日 これほど煽られたことはない。いや、車の運転のことではない。私の話だ、時計のことに決まっている。 好みのブランドやデザインは勿論あるが、私は「時計」というモノ全般好きである。 しかし私がその昔から憧れていたモデルを購入された方のツイート、これは「あおり運転」どころではない。後か […]

日々是れ、思ふ 其の弐拾壱

「日々是、思ふ」は、オサーンがちょっと時計とは関係ないこと(時には関係あること)、思ったことを綴る時事的コラムです。社会派ハードボイルドとでも言うべきか。100人に1人でも共感してもらえれば本望です。 基本、「オサーンの愚痴の掃き溜め」である。 本当にただの愚痴になるが、私が若かりし頃によく聞いた「近頃の若い奴は、ホニャララ」という話をする年配の人達が嫌で嫌で仕方がなかった。若かろうが年寄りだろう […]

レアモンクエスト DAY4

先日、仕事で寄った女性社員の多い会社でお話をしていると色々質問攻めに合いまして、最後に「特技は?」と聞かれたので、 「縦に割れるカーブです」 と答えて、ドン滑りしたオサーンです。どうせ滑るなら思いっきり “下ネタ” ブチかましてやったら良かったと後悔しています。意外と心に深い傷を負ってます。 しかし立派な社屋でした。 朝起きると雪化粧をしている。確かに前日の仕事帰りの23時 […]

A LANGE SÖHNE LANGE 1 TIME ZONE 25TH ANNIVERSARY Ref.116.066

オススメ度★★★★☆ 2019年5月に発表されたランゲ1・タイムゾーン “25th アニバーサリー”は、ランゲ1誕生25周年を祝うアニバーサリーコレクションの第5作となっています。 オフセンターのデザインが特徴的な絶妙のバランスを生み出しているランゲ1ですが、さらに第二の時刻もわかるデュアルタイム表示が可能。ハイスペックモデルです。 これまでに同様のモデルがリリースされていますが、今回はホワイト […]

A.ランゲ&ゾーネ 初のスポーティモデル 「オデュッセウス」爆誕!

A. Lange & Söhne “ODYSSEUS” Ref. 363.179 ドイツが誇る雲上ブランド、A.ランゲ&ゾーネが新たな、そして熱いカテゴリーに進出してきました。このニュースを聞いた時には、嬉しさのあまり一晩、踊り狂いました。「とうとうランゲも進出してきたか」と。 結論から言いますと、「究極のラグジュアリースポーツモデル」です。デザイン、機能、 […]

最高級クロノグラフ比較 パテック・フィリップ vs A.ランゲ アンド ゾーネ

普段、お目にかかることのない雲上ブランドのスペシャルなモデル。パテック・フィリップとA.ランゲ アンド ゾーネのクロノグラフを比較してみたいと思います。実際にオサーンは一度、両方の今回紹介するモデルを手に取ってみましたが、緊張して手がバイブした記憶があります。ホント、”気品“というのを感じました。そんな経験のおかげで、雲上以外のブランドでは全く緊張しなくなりました。 という […]

金無垢オススメモデル イエローゴールド編

これを見ていただいている方々のどれぐらいがそう思っているかは全く見当もつきませんが、オサーンは最近、金無垢に魅了されております。何故かって?今まではステンレスの人気モデルしか所有しておりませんでした。というよりも、ステンレスモデルしか買えませんでした。若い時は、G-Shockなどを着けていたので、ステンレスでさえ重く感じておりました。しかしある日、友達のコレクションを試着した金無垢時計の重量に驚き […]