ディスコン

1/2ページ

【ロレックス】11系サブマリーナの価格変動を見る コンビ・金無垢編

便宜上、リファレンス番号の上2桁で旧モデルを「11系」と勝手に表しています。 予想していた方も、予想されていなかった方も、サブマリーナは泣いても笑っても “11ホニャララ” となるリファレンス番号のモデル達は全て消えちゃったんだよ。「俺、持ってるよ!」て方、おめでとうございます。そうでない方、しばらく指をくわえて待っていましょう・・・てなワケにはいかないですよね。 でもね、 […]

ROLEX Explorer I Ref.114270

オススメ度★★★★☆ デザイン面では完成されているこの「エクスプローラー1」は、先代モデルである Ref.14270 からの変更がほとんどない。ケースサイズも36㎜と今の主流からは少し小ぶりではあるが、それゆえにスッキリしておりシンプルさを際立たせている。ロレックスのスポーツモデルの入門機的存在であり、初めてのロレックスとしての価格も丁度良い。20歳代~30歳代の購入者が多いのも、このモデルの特徴 […]

ROLEX Datejust Ref.16264 “THUNDERBIRD”

  オススメ度★★★☆☆ アメリカ空軍アクロバットチーム“サンダーバーズ”の隊長ドン・フェリス氏の引退記念として、“デイトジャストに回転ベゼルを搭載したモデル”を特別発注したことがそもそもの始まりである。それが由来で「サンダーバード」と呼ばれることになります。ロレックスの回転ベゼル搭載モデルは1953年のターノグラフ(Turn-O-Graph)が既に存在します。しかしこのモデルは、デザイ […]

ROLEX Submariner Date Ref.116610LN

オススメ度★★★★☆ 2010年のバーゼル・ワールドにて登場したサブマリーナ・デイト。高級感と耐久性が与えられたセラミック製の回転ベゼルは、目盛りの部分にプラチナをコーティングされた仕様である。ブレスレットにはグライドロッククラスプが装着されることで、手軽にブレスレットのサイズが調整できる。文字盤にセッティングされるドットのインデックスには青白い発光をするクロマライト夜光塗料を採用。ムーブメントに […]

ROLEX Cosmograph Daytona Ref.116509 Meteorite

オススメ度★★★☆☆ 隕石を削って文字盤を作るという発想が不思議である。探してみると意外と作っているだね。しかしそれがデイトナである。ホワイトゴールドモデルに隕石文字盤。実際に持ってみたが、ズ~ッシリって感じであった。しかも二つとない模様である。キラキラのスジ状の柄が独特の模様をを出し、よく見ると表面には凹凸がある。そんな表面に文字をプリントする技術は流石の一言である。他のモデルにはない、プリント […]

ROLEX Explorer II Ref.16550

オススメ度★★★☆☆ Ref.16550になり、ベンツ針・大きいドットインデックス・GMT機能など、色々と一新されたこのエクスプローラー2であったが、僅か5年弱で製造終了。この短い間に作られたにも関わらず、のちに価格が高騰してしまう仕様がいくつかある。まずは下の写真を見てもらいたい。 ダイアルカラーが三色ある。しかし、右のアイボリーはホワイトダイアルの経年劣化で変色したものだという。確かにこの色は […]

ROLEX Cosmograph Daytona Beach Ref.116519NR

  オススメ度★★☆☆☆ 2000年に発売された異色のデイトナ、「デイトナ・ビーチ」。一体、どれだけ売れたのだろう?並行店にもいくつか置いてあったりもした。奇抜というか、仕事では使えないパステルカラーの時計は、ケースがホワイトゴールドということもあり、中途半端なデイトナとなっていた(に違いない)。なので、さほどプレ値にもならず「非ステンレスモデルグループ」の一員であった。しかもこういった […]

ROLEX Sea-Dweller DEEPSEA Ref.116660

オススメ度★★★★★ オーバースペックでしかない飽和潜水での作業までこなせる時計、それがディープシーである。飽和潜水って言葉も初めて聞いた人も多いだろうし、オサーンもロレックスを通じて初めて知った類である。簡単に言うと、深い水の中での作業ってことでいいんぢゃないだろうか。そんな作業従事者でも、このヘリウムガスエスケープバルブがあるので安心ですね!どうやら急な水圧で時計のガラスが破損したるするそうだ […]

ROLEX Datejust Oysterquartz Ref.17000

オススメ度★★★★☆ 1977年~2000年までの間、ロングセラーモデルとして君臨していたオイスタークオーツ。ロレックスもセイコーが起こした「クオーツショック」に飲まれて製作したのだろう。デザインもシックなモノが多いので良いのだが、もっと特筆すべき点は、何を隠そう「クオーツ」なのだ。機械式時計を愛用してると、日差など多少の誤差を合わせるのは日課になるのはご承知の通り。しかしクオーツは電池駆動。さほ […]

ROLEX Milgauss Ref.116400

オススメ度★★★★☆ 最大1000ガウスの耐磁性能を持つミルガウスのネーミングは、フランス語で1000を意味する「ミル」と磁束密度の単位「ガウス」に由来している。その高い耐磁性能を実現させるため、新たな耐磁構造を採用し、デイト表示を省くことで文字盤の開口部を減らし可能な限り磁気の浸入を防いでいる。さらにムーブメントには、独自開発の高い耐磁性を持つブルーパラクロム・ヒゲゼンマイを採用し、また、ガンギ […]