名優 ピーター フォンダ@イージーライダーの時計

2019年8月16日、「京都五山の送り火」の日に一人の名優が亡くなりました。彼の名は、”ピーター・フォンダ“。今となっては、日本で知っている人は少ないかもしれません。俳優一家で、娘(ブリジット・フォンダ)も名女優として活躍していました(今は活動していないようです)。

そんな彼の代表作といえば、「イージーライダー」です。オサーンの生まれる前の映画ですが、聞いたことがある人も多いと思います。このサントラがまた超有名。”Steppenwolf“という若干一発屋的な匂いもあるバンドの名曲、「Born To Be Wild」はあまりにも有名ですね。

♪いつものラーメン♪変な女ハイウェイ♪」という歌いだしは、オサーンが子供の時から耳に残っています。それにしてもこのバイクに乗っている姿、様になっていますね。デニス・ホッパーも超イケてます。

 

ちなみに左のヒゲが、デニス・ホッパーで、手前のチョッパー野郎がピーター・フォンダです。めちゃ格好いいですよね。ピーター・フォンダの後ろに座っている人は、今ではハリウッドの超大御所であるジャック・ニコルソンです。

そんなピーター・フォンダですが、この映画で着用している時計が実はロレックスなんです。この映画の公開が1969年です。その当時の時計って、今では結構なヴィンテージモデルですよね。では、どんなモデルなんでしょう?

画像が荒くてわかりにくいですね。これではわかりません。では次はどうでしょう。

回転ベゼル的なものが見えます。ということは、スポーツモデルです。しかしまだわかりませんね。

手のアップです。こ、これは⁉茶色の金無垢。もうおわかりですね。こちらです。

ROLEX GMT-Master Prototype Yellow Gold” です。そう、実はクラウンガードのないプロトタイプだそうです。彼は金無垢の時計が欲しくて、自身で購入したそうです。そしてその時計は1992年にも目撃されています。

右隣にいるのは、ピーターの姉で大女優のジェーン・フォンダです。お気に入りの時計を大事にいつまでも使っている姿は、ロレックスファンには喜ばしいことですが、その行き先が気になり調べていると…

ウワッ!

この時計、実は既に姿をくらませております。というのは、2007年10月に開催されたアメリカの、とあるオークションに出品されておりました。

そうなんですよ、33,460ダラーで落札されております。当時の為替レートで行きますと、1ドル≒116円です。ということは、約390万円での落札。いやぁ、悪くないですね。正直、お買い得だと思います。その時は、ピーター・フォンダの訃報とは無縁ではありますが、アメリカハリウッド歴史の1ページに燦然と輝く映画に登場する時計となると、希少価値はプライスレス

海外では、ちょくちょく目にする有名人の所有物オークション。日本ではあまり馴染みがないので、ネットでチェックすることも大事ですね。もしかすれば、そういった個体と遭遇できるかもしれません。

 

 

テキストのコピーはできません。