ニックネームをもつロレックスをみてみよう Part1

時計好き(これからは落ち葉と呼ぶが集まると、もちろん『時計のハナシ』になりますよ、当然。そんな時、「これから時計のことを知ろう」とか、「初めて時計を買ってから、色々と興味がわいてきた!」なんて人は、時計初心者(これからは若葉と呼ぶ)と言って間違いないですよね。でも落ち葉達が集まると、必ずロレックスの人気モデルなどを『ニックネーム(ペットネーム)』で呼ぶんですよ。

これがもちろん知らんとわからん

会話に付いて行けないし、愛想笑いだけで冷や汗

敷居が高く感じて好きじゃなくなる

なんて負のスパイラルに陥ってしまう。「真の落ち葉」である本当の時計好きは、時計の良さ、様々な楽しさを若葉に知ってほしい。

てなわけで、今回はロレックスオンリーであるが、その代表的な愛称を持つモデルを紹介したいと思う。これであなたも冷や汗会話から脱却し、心からの笑顔で輪に入り、時計なのに時を忘れるほど話が盛り上がるだろう。

今回のテーマは、”飲み物”です。それに付随するニックネームも併せて紹介してますので、ご覧ください。


GMTマスター1・2 ペプシ

GMTマスター1・2」の青/赤2色ベゼルモデルです。これ、一番有名なニックネームを持つモデルではないでしょうか。見たまんま時計のベゼルカラーがアメリカのペプシ社のロゴカラーと同じなので、「ペプシ」と呼ばれている。現行モデルのRef.126710BLRORef.116719BLRO、製造終了モデルでは、Ref.16710Ref.1670016750Ref.1675Ref.6542などがあります。なのでペプシとひとくくりに言っても、これだけのモデルがあるので取扱注意です。


GMTマスター2 コークほか

 

 

ペプシカラーのGMTマスターが発売されてから数十年後、GMTマスターは新たに“2”として発表された。この赤/黒のツートーンカラーはペプシに対抗し、アメリカのコカ・コーラ社のコーポレートカラーから「コーク」と呼ばれている。これは、ペプシと同じGMTマスター2のRef.16710、そしてコークのみで展開されたRef.16760がありますが、初代GMTマスター2のRef.16760には他にも2つほどニックネームがあります。それは、時計のケースが他のGMTマスターよりも分厚い為に、「ファット・レディ」と呼ばれています。ネーミングが単純シンプルなのは流石アメリカン。Ref.16760のニックネームはこちらの「ファット・レディ」がよく使われています。そしてもう一つは、下の画像の人

イタリア出身の大女優、「ソフィア・ローレン」です。なぜそうなのか。それは、ケースが分厚い→ファットレディ→ということはグラマー→ソフィア・ローレン、バンザーイ!って感じです。ケースの分厚さからグラマーの代名詞であったソフィア・ローレンと名付けるあたり、外人のセンスですね。良いとも悪いとも言いませんが。


GMTマスター1・2 ルートビアほか

GMTマスター1・2のYG×SSコンビモデル、もしくはYGモデルにのみ作られた茶×金のツートーンベゼル、茶色一色のベゼルにも使わているニックネームは、あまり馴染みのない飲み物。これは「ルートビア」と呼ばれており、Dr.ペッパー(まだあるのかな?のような飲み物です。日本では見たまま「茶金」と呼ぶ人が多いです。アメリカでは「ルートビア」ですね。ちなみにルートビアとはビールではなくソフトドリンクです。沖縄などでは基地が多いこともあって、よく売ってます。アメリカ人が好きそうなクッソまずい甘いバニラの炭酸です。生産終了モデルで、Ref.16713・Ref.16753・Ref.16718・Ref.1675/8とかがそうです。ヨーロッパの方では、「ルートビア」が不味い不人気だからか知りませんが、「タイガー・アイ」と呼ばれています。

タイガーアイ」は日本名「虎眼石」とそのままですが、パワーストーンや宝飾品として使われたりしてます。「Tigerauge 」とドイツ語で表記されていることも多いです。オサーンは「茶金」と呼んでます。ちなみに最近、キムタクさんが下の画像のRef.16753を付けてますね。ブレスレットはジュビリーブレスでしたけど。

これは、文字盤のインデックスの部分が金の突起となっているので、「ニップルダイヤル」と呼ばれています。「ニップル」とは「乳首」のことです。程度悪いネーミングは流石アメリカン。日本では「フジツボダイヤル」と呼ばれています。フジツボは海の岩場に生息している貝の仲間で、画像を貼ろうとしたけれど、ちょっとキモイ、というかフジツボ見たらサブイボ出ます。なのでご自身で検索してください。グロ注意的な画像です。話を戻すと、この場合は、「フジツボの茶金」などと言います。なぜならフジツボは、ブラックカラーのモデルもあるからです。

 

どうでしたでしょうか?一応今回は、「飲み物ネーミングの巻き」としてお送りしました。ちなみにトップ画像のキムタクは、デイトナ・アイスブルー・Ref.116506を以前付けてました。でも、「デイトナ・キムタク」とは呼ばれてません。まだまだソフィア・ローレンには程遠いですね。

ここで一つ注意ですがロレックス正規店へ行き、「ペプシある?」とかはあまり言わない方がいいですね。なんかイキッてません?並行店では通用するけど、オサーンは正規店では「GMTマスター2」とかしこまって言い、並行店などでは「ペプシ」などと愛称で言いイキッてます。言葉って、TPOに合わせて使うことが重要だと思っているオサーンでした。

つづく

テキストのコピーはできません。