サーモンピンクダイヤルがアツい

なんだかここ数年、定番から外れたカラーなのに高級時計ブランドがこぞって採用しているダイヤルカラーがあります。それが、”サーモンピンク“です。元々レディースでは、ラインナップに使われていることもしばしばありましたが、メンズのドレス・スポーツモデル共、あまり採用されることがありませんでした。その流れが変わってきたようです。高級時計ブランドの”サーモンピンクダイヤル“を見ていきたいと思います。


MONTBLANC
Heritage Pulsograph Limited Edition 100

1940年代と1950年代の工芸品を彷彿とさせるモンブラン の「ヘリテイジ(Montblanc Heritage)」ライン。今年のSIHH(2019年)で発表されたコレクションを代表するのが、世界限定100本のこのモデル。ドーム型ダイアルには、医師が患者の心拍数測定に用いるパルスメーター・スケールをブルーで彩っているのに対し、鮮やかな”サーモンピンク”のダイヤルとのコントラストが絶妙です。デザインもクラシックであり、細かいところまで作り込んでいるこのモデルは、モンブランの自信作ではないでしょうか。


F.P. JOURNE
OCTA DIVINE

 

F.P.JOURNE /フランソワ ポール・ジュルヌは、1999年にスイスのジュネーブでフランス人の時計技師フランソワ・ポール・ジュルヌが創設した高級時計ブランドです。彼は20歳の時に独自でトゥールビヨンを開発するなど、天才時計師として成長していきました。そして1987年に、独立時計師アカデミーに所属するまでになりました。2019年の新作モデルで価格はHPでもわかりませんでしたが、500万円ぐらいではないでしょうか。


 AUDEMARS PIGUET
Royal Oak “Jumbo” Extra-Thin

これは”ヤバイ“やつです。買えることができたら、相当プレミアとなること間違いないかと思います。”Ref.15202BC.OO.1240BC.01“というリファレンス番号の通り、「エクストラシン×ホワイトゴールド」という仕様です。スレンレスではありません。APの発表では、カラーは”サーモンピンク“ではなく”ピンクゴールドカラー“らしいです。価格は未定ですが、プティック限定製造本数75本のみです。幻のモデルとなること間違いなさそうですね・・・恐ろしや・・・


A.LANGE&SÖHNE
Datograph Perpetual Tourbillon

世界三大時計の王者、パテック・フィリップに肩を並べられるブランドは、もしかしたらAPでもVCでもなく、このランゲ&ゾーネかも知れません。それぐらい、時計のデザインから技術までもが洗練されているブランドです。そのランゲから2019年、最高峰クロノグラフである”ダトグラフ“にも、サーモンピンクダイヤルが新たに登場しました。価格は3,000万円オーバーです。こんな時計を着けて行くところって、どんなところでしょうか?プライペートジェットで移動するようなジェントルマンには似合うのでしょうね。青春18切符で刻んで移動する”民(たみ)“には、100年早いですね・・・


PATEK PHILIPPE
5270P Perpetual Calendar Chronograph

時計界の王者、”パテック・フィリップ“の2018年のモデルとして登場した”グランド・コンプリケーション“です。ケースはプラチナ製で、手巻きモデルとなっています。最高峰ブランドの最高峰モデルですね。こんな時計を手に入れたら「極めた感」ハンパないです。最上級のプラチナケースモデルに”サーモンピンク“を採用するということは、この色に対して他の色とは違った価値を与えていることがうかがえます。このモデルが2018年に発表され、2019年に他の雲上ブランドが追随する形となっているのは、言うまでもありませんね。


番外編 ROLEX
Oyster Perpetual 31mm

実はロレックスも”サーモンピンク“ダイヤルを採用していました。しかも1999年~2006年まで製造されていたのですが、とっくの昔に製造中止しております。”Ref.77080“というリファレンス番号であり、俗にいう「オイスターパーペチュアル・ボーイズサイズ」というやつです。ケースサイズは31mmと小ぶりなところが女性でも着けれる中間的なサイズとなっていました。ディスコンしているので新品は買うことが困難ですが、中古で30万円ぐらいで購入できます。”サーモンピンクブームが来る前に買っておきますか?


雲上ブランドが最高の扱いをするカラーとなっている”サーモンピンク“。番外編として若干ロレックスを下の扱いにしているように見えますが、もしかしたら後終日で開催されるバーゼルワールドで、ロレックスのサーモンピンクダイヤルが登場するかもしれません。それも、”コスモグラフ・デイトナ“で。プラチナケースの”アイスブルー”に今度は”サーモンピンク“が加わるのではないかと予想しております。

 

 

テキストのコピーはできません。