有名人の腕時計 ジョン・メイヤーの腕時計 Part.2

ジョン・メイヤーは世界的に有名なミュージシャンということであり、世界的に有名なロレックスコレクターでもあります。そんな彼のコレクションは、1回や2回では紹介しきれないほどのものです。本国アメリカの時計関係の雑誌やHPで、彼のコレクションはたくさん紹介されています。今回は彼の持つコレクションで、数多く保有しているデイトナを紹介します。


現行モデルの”Ref.116508“です。しかしこのグリーンダイヤルは入手困難となっています。海外のセレブが身に着けているところを時々見かけることがあります。グリーンのダイヤルにのサークルがポーカー台のようにみえることから、「ベガズカラー」などと呼ばれています。価格もプレミア価格となっていますが、まだ買えるモデルです。


セレブが持っているモデルというよりも、セレブしか買う機会がないモデルですね。ただお金を持っていても、普通の店舗への入荷がないモデルなので、見ることがありません。デイトナのジュエリーピースモデルとして2012年にバリエーションに加わったこちらのモデル。通常タキメーターがセッティングされる場所には、36個ものサファイアがセッテイング。それも鮮やかなレインボカラーという、衝撃的なフェイスとなっております。ケースラグ、リューズガードにもダイヤモンドがセッテイングされ、さらにインダイアルはレディースモデルのデイトジャストではお馴染みのホワイトゴールドクリスタル仕様になっています。定価は8,500,000円です。


イエローゴールド仕様レインボーデイトナRef.116598です。上のホワイトゴールドモデルと基本的に一緒です。現行モデルは、エバーローズゴールド仕様となりましたので製造終了していますが、庶民のオサーンは、全く関係のない話ですね。定価は8,200,000円ですが、こういったモデルでもその層からの人気があり、プレミア価格となっています。


もうこの辺りになると、普通の市場では見かけることがないですね。大手のオークションなどで購入する形が多くなると思います。それも2000万円以上するんじゃないでしょうか?


かなりレアなデイトナです。製造期間も短く、ダイヤルには脈数を図る”パルスメーター“機能が使えるように目盛りが刻まれています。押し込み式のボタンブラックアクリルはめ込みベゼルが採用されていて、なかなか探しても見つからないモデルですね。


最後に紹介するのは、ヴィンテージデイトナですが、こんなモデルがあったんですね。相当レアです。初めて見ました。ちょっとレア過ぎてよくわかりません。ダイヤルにはダイヤモンドが敷き詰められ、サファイアもセッティングされています。ベゼルにはバゲットダイヤモンドがセッティングされてます。何千万円するんでしょうか。


もうコレクションされているモデルが尋常じゃないですね。数億円単位の買い物を軽くできる財力というのに圧倒されます。ちなみにジョン・メイヤーの机の前に置いてある数々の時計で、ブルーのラバーバンドの時計があります。一瞬安っぽい感じもしますが、下のモデルです。

オーデマ・ピゲ ロイヤル オーク コンセプト トゥールビヨン クロノグラフ オープンワーク Ref.26587TI.OO.D031CA.01“です。2000万円以上はするようなモデルです。ということは、あの机の上には数億円規模の時計があるということですね・・・それが全て現金だったら、ドン引きでしょうね。

 

 

テキストのコピーはできません。