daytona

1/6ページ

最後の一本、仕上げの時計(に相応しいモデル)を考察する

くら寿司に行くと、隣の席の子供にそっとお皿を渡すオサーンです。隣の「びっくらポン」の回転数がパネェっす。 よくロレックスをはじめとする、高級時計のブログに「はじめてのロレックス」や「初心者の為のロレックス」的なところをよく見かけます。オサーンも色々と拝見して勉強させていただいております。そこではほとんど”エクスプローラーI“や”サブマリーナ“、 […]

ロレックス アンバサダー ロジャー・フェデラー@嫁の時計

ロジャー・フェデラーといえば、スイス・バーゼル出身のプロテニスプレーヤーで、史上最高のテニスプレーヤーとも言われています。そう、数々の世界大会で優勝しており、先日行われたウインブルドン選手権ではジョコビッチに敗れはしたものの、準優勝という結果を残しました。 そんな彼は、長きにわたりロレックスのアンバサダーとしての顔があります。スポーツ界のトップ選手や有名・著名人と契約するロレックスは、いい選手と契 […]

週間オススメ時計 2019年6月5週現在

気が付けば、2019年も半分が過ぎようとしております。早いものですね。その間に、オサーンは色々と時計を買うことができましたが、そのほとんどが正規店での購入です。しかし並行店での購入がゼロというわけではございません。実は”あの”60回無金利ローン“で有名な某並行店で、フルローンの買い物をしております。月々の支払いに圧迫されながらも、何とか生きております。やはり無金 […]

週間オススメ時計 2019年6月4週現在

私のブログなんて女子は見ていないだろうと思っていますが、やっぱり下ネタは避けているオサーンです。実はメンズの時計を着けている女子に目が釘付けになります。もちろん時計からではなく、”顔→バディ→時計“の順番ですが、最後の”時計“がデイトナとかだと、顔・バディの評価は5割増となります。あぁ、デイトナっていいですね。 さて、6月4週目のオススメ個体をご紹介 […]

ロレックス コスモグラフデイトナ Ref.116500LNの魅力を今一度考察する

ここ数年のロレックスの値動きを見ていると、プロフェッショナルモデルの人気はもちろん、その中でも”カラーベゼル“、”カラーダイヤル“の価格上昇が顕著となっています。ここで代表的な現行モデルのカラー系モデル2019年6月現在の価格(中古)を見てみたいと思います。 価格比較 サブマリーナ Ref.116610LV 定価  928,800円 2019年6月  […]

金無垢オススメモデル ホワイトゴールド編

単体で見るとステンレスと見間違えてしまう素材のホワイトゴールド。しかし手に取るとズッシリとした重みがあり、すぐに「ステンレスではない」と感じ、並べてみると、輝きの違いでわかります。ホワイトゴールドとは簡単に言うと、銀やパラジウムなどの白色金属を割金(わりがね:硬さを補強するため他の金属を混ぜ合わせること)した金合金で、その後、ほとんどがロジウムコーティングされております。プラチナとは全く別の金属素 […]

“カスタム時計紹介” ロレックス コスモグラフ デイトナ Ref.116520

本物のロレックスをベースにカスタムを妥協なく追及する会社、”Artisans de Geneve“が作り出したデイトナは、すでに製造終了している”Ref.116520“をベースに手巻き時代のデイトナ “Ref.6249“のトロピカルダイヤルを再現しております。実際のRef.6240のトロピカルダイヤルは、こんな感じです。ここま […]

ロレックスとニキ・ラウダ

2019年5月20日、ニキ・ラウダが亡くなりました。享年70歳でした。オサーンの年代ですと、アイルトン・セナやナイジェル・マンセルなんかがレーサーとしてはアイドルで、ニキ・ラウダはフェラーリのアドバイザーの印象の方が強いです。 彼のプロフィールを簡単に説明すると、1949年生まれのオーストリア人であり、22歳の時にモータースポーツ・F-1レーサーとしてデビューする。するとすぐに頭角を現し、僅かデビ […]

デイトナのクロノグラフを使おう!

ロレックスのラインナップで一番人気と言えば、コスモグラフ デイトナで異論はないと思います。そんなデイトナですが、実際にクロノグラフとしての機能を使うことがほとんど、というよりも購入以来一度も使ったことがない人だって少なくないと思います。でもせっかくなので、使ってみてはどうでしょう?しかしその前に各部の説明をしておきたいと思います。 ベゼルに刻まれている数字なんですが、ネーミングがありまして、「タキ […]

有名人の腕時計 ジョン・メイヤーの腕時計 Part.3

いったいどれだけ自分の持っている時計を把握しているのか?疑問に思うぐらい、数多くの、しかもレアな時計を保有しているジョン・メイヤー。オサーンの持っている時計の数とは比べ物にはなりません。一個ぐらいなくなってもわからないんじゃないでしょうか? そんな彼の羨ましいコレクションを今回もご紹介します。 Ref.6265 Green Khanjar at 6 ただでさえ、もう手が届かない高騰を続けている手巻 […]

1 6