daydate

ロレックス アンバサダー ロジャー・フェデラー@嫁の時計

ロジャー・フェデラーといえば、スイス・バーゼル出身のプロテニスプレーヤーで、史上最高のテニスプレーヤーとも言われています。そう、数々の世界大会で優勝しており、先日行われたウインブルドン選手権ではジョコビッチに敗れはしたものの、準優勝という結果を残しました。 そんな彼は、長きにわたりロレックスのアンバサダーとしての顔があります。スポーツ界のトップ選手や有名・著名人と契約するロレックスは、いい選手と契 […]

VACHERON CONSTANTIN FIFTYSIX day-date Ref.4400E/000A-B437

オススメ度★★☆☆☆ まだ早いか。いや、そろそろ良いのではないか。私のような落ち着きのない中年には、まだ早いのかも知れない。しかし魅力的なモデルだと思う。オサーンには珍しく、ヴァシュロン・コンスタンタンの時計が目に止まった。この上品さは、雲上ブランドならではの佇(たたず)まいである。インジケーターを横配列したデイデイトモデル。実用性を意識しつつ、文字盤に穴をあけない美しいこだわりは流石の一言。6時 […]

ROLEX Day-Date Ref.1803

レア度★☆☆☆☆~★★★★★ ロレックスのラインナップで最高峰の1つとして存在するモデル、”デイデイト“。「プレジデント・ウォッチ」などと呼ばれる「社長(クラス)の時計」ですが、今回ご紹介するのはデイデイトの3rdモデルである”Ref.1803“です。短命に終わった前2モデルと違い、この3rdモデルは15年~20年近い製造期間がありました。その長期に […]

ロレックス 天然素材を使ったモデル Part.1

ロレックスマニアともなれば、レアなダイヤルというのに大変興味を持っている人が多いですよね。製造ラインで何らかのエラーが生じ、それがそのまま市場へ出てくるレアなケースもあれば、短いスパンでマイナーチェンジされたモノ、そしてそのモデルに使用されている素材自体が、大量生産に向いていないモノだったり。レアモノと一括にいっても、そのカテゴリーがいくつかあります。今回は後者、天然素材を使ったロレックスの個体を […]

【絶滅危惧種】アンティーク ロレックスを見てみる Part.2

100年以上の長い歴史のあるロレックスには、数年前まで目にしていたモデルが、今や”希少種”として扱われていたりする。それが15年前辺りでは、いくら”希少種”と言えども、ちょっとムリをすれば手が届くという状態であった。しかしここ10年前あたりがら、”希少種”の価格上昇が、とんでもないこととなっている。それが現行モデルにまで波及し、人気の現行モデルでさえ、手が届かなくなるほどの人気となっている。 さて […]

ROLEX Day-Date Ref.18239BIC “Tridor”

オススメ度★★★★☆ 「社長の時計」でお馴染みの”ロレックス・デイデイト”です。しかし今回取り上げたのは普通の”デイデイト”ではありません。基本的に”デイデイト”はステンレスを使わない、「ハイクラスシリーズ」であり高級素材のみを使用したモデルである。そしてこのモデルはブレスレットに特別仕様が施されている。 ロレゾール(コンビモデル)のように見えるこのブレスレット、実は「イエロー・ピンク・ホワイト」 […]

ロレックス 日本定価表 2018-2019 -クラシックモデル編-

一応、カタログに記載されていることをを最初に書いておきます。 ”クラシックモデル”は、全てサファイアクリスタルを使用しており、100m(330ft)までの防水性能を持っています。 全てのモデルはロレックスの完全自社製造によ自動巻機械式ムーブメントを搭載しています。 スポンサーリンク 価格は消費税(8%)込みとなっております。 左から、リファレンス・素材・ダイヤル. 価格・ブレスレット・その他となっ […]

ROLEX Day-Date Ref.6511

レア度★★☆☆☆ 1956年のバーゼルフェアでデビューした“Day-Date”。その中でも、初期の極わずかな期間だけ制作されたレアな個体もある。このRef.6511でも希少であるので、その中でもレアなポイントがあるのがロレックスの面白さでもある。たとえば、“Day-Date”表記が「赤」で記されているものや、ダイヤルに記載されている”OY […]