chronograph

1/2ページ

みんな急げ! 激レアモデル販売中!!

寝ても覚めても時計のことばかり。秋の夜長は時計祭り。年中無休で時計を探索しているオサーンです。 実は凄い激レアモデルをネットで発見したのでご紹介します。というと、何やら声が聞こえてきますね。 「ぢゃ、おめーが買えよ!」 と。いや確かにそうなんでデスヨ。。欲しいデスヨ。 でもね、、、 1000万円オーバーなんです。 _| ̄|○  FXで失敗しなければ買えたかも… 実はこの時計のオーナー、世界的に有名 […]

TUDOR Black Bay Chrono Dark Ref.79360DK

オススメ度★★★★☆ 日本で初めての旗艦店が2019年9月14日、銀座の並木通りにオープンし、それに合わせて新たなモデルが日本に入荷されました。その名も、 TUDOR ブラックベイ クロノ ダーク です。メンズは黒が好き。これは鉄板。間違いないですね。しかしズルい。オサーンがクロノグラフS&Gをゲットした直後にこんなの登場させるなんて・・・欲しくて仕方がない。ちなみにこのモデルは、生産数が […]

CARL F. BUCHERER Heritage Bicompax Annual Ref.00.10803.08.12.01

オススメ度★★★★☆ このスペックで奇跡的な価格だと感じました。どことなくレトロな雰囲気を持つ、”ツーカウンター“のクロノグラフですが、12時位置に大きなデイト表示があり、4時と5時の間には「月」が表示されます。アニュアルカレンダーが付いたクロノグラフですが、この”超“の付くほどハイスペックなのに、100万円を切る価格を叩き出しています。 2019年 […]

最高級クロノグラフ比較 パテック・フィリップ vs A.ランゲ アンド ゾーネ

普段、お目にかかることのない雲上ブランドのスペシャルなモデル。パテック・フィリップとA.ランゲ アンド ゾーネのクロノグラフを比較してみたいと思います。実際にオサーンは一度、両方の今回紹介するモデルを手に取ってみましたが、緊張して手がバイブした記憶があります。ホント、”気品“というのを感じました。そんな経験のおかげで、雲上以外のブランドでは全く緊張しなくなりました。 という […]

OMEGA Speedmaster Professional Moonwatch Caliber 321 Platinum Ref.311-93-42-30-99-001

オススメ度★★★★☆ なんか最近、オメガが気になるオサーンです。考えてみると、ロレックスのクロノグラフと言えば”デイトナ“ですが、何がオメガと大きく違うのか。それは単純明快。オメガは、多彩なバリエーションで、自分のハートを鷲掴みにするデザインが見つけやすいと言うことです(オサーン調べ)。東京オリンピック記念モデルだけでも5パターンも出すぐらいです。そして先日、オメガから新た […]

TUDOR Black Bay Chrono S&G Ref.M79363N

オススメ度★★★★★ これには「やられた!」と思いました。これぞ、”ロレックスの身内“だからなせる業ですね。かつてのデイトナ・ポールニューマンを彷彿とさせるデザイン、ブラックダイヤル・シャンパンインダイヤルという極上のカラーチョイスでチューダーのモデルでも上級モデルとなるスレンレス&ゴールドのコンビモデルです。この手のデザインは、クロノグラフの中でも「懐かしさ」を感じさせる […]

AUDEMARS PIGUET Royal Oak Offshore Chronograph Ref.26470ST

オススメ度★★★☆☆ 憧れの「世界三大時計 オーデマ・ピゲ」から、ハイスペックモデルの紹介です。ラクジュアリースポーツという新たなカテゴリーを築き上げた“ロイヤルオーク”シリーズ。2014年、その派生モデルにあたる、“ロイヤルオーク オフショア”から新作が続々と発表されたが、その中でも気になるのが「ステンレスモデル」です。だって、元々手が出せそうもな […]

時計のヘルプ Q&A その2

「よくある質問」形式のQ&Aです。高級時計を購入して使っていると、色々とトラブルがある。時計が好きで、いつもお洒落な高級時計をしている人にわからないことを聞くのもいいのだけれど、実際、本当にその人が時計のことを知っているのか?は、わからないです。時計が好きでも、ケアの方法を知らない人もたくさんいます。 高級時計をできるだけ良いコンディションで使いたい人の為の質問コーナーです。 自動巻きの問 […]

OMEGA Speedmaster CK2998 Limited Edition Ref.311.32.40.30.02.001

オススメ度★★★★☆ クロノグラフ搭載の腕時計でサブダイヤルが3つ、しかもメインダイヤルとサブダイヤルのカラーが反転しているデザインは、正直言って”反則”です。格好良いに決まってるんですよ。このデザインで、ダサい方がおかしい。そう自分に言い聞かせながら、記事を書いています。 1959年に発表されたスピードマスター、“CK2998”をモチーフに作られた2998本限定モデルです […]

ロレックス デイトナの歴史【成熟期編】

はじめに 時代が求めているスペックではなかった。手巻きデイトナを製造していた時期は、時計界ではクオーツが業界を席捲していた。電池が続く限り数か月も動き続け、誤差も少ない。手巻き時計の需要は衰退の一途を辿っていた。ロレックスは、自動巻きのクロノグラフを模索していたが、妥協を許さないロレックスは、可能性を他社製のムーブメントへ求めた。その決断が、また新たな扉を開いた。 《成熟期》 Ref.16520 […]