4130

ロレックス デイトナの歴史【成熟期編】

はじめに 時代が求めているスペックではなかった。手巻きデイトナを製造していた時期は、時計界ではクオーツが業界を席捲していた。電池が続く限り数か月も動き続け、誤差も少ない。手巻き時計の需要は衰退の一途を辿っていた。ロレックスは、自動巻きのクロノグラフを模索していたが、妥協を許さないロレックスは、可能性を他社製のムーブメントへ求めた。その決断が、また新たな扉を開いた。 《成熟期》 Ref.16520 […]

テキストのコピーはできません。