死に際

日々是、思ふ 其の弐

「日々是、思ふ」は、オサーンがちょっと時計とは関係ないこと(時には関係あること)、思ったことを綴る時事的コラムです。社会派の一面を持つオサーンが関西代表としての発言をします。100人に1人でも共感してもらえれば本望です。 基本、「オサーンの愚痴の掃き溜め」である。 首里城が燃え尽きた。沖縄を愛し、首里城に思い入れのある方や、その他大勢の方々にとって大変不謹慎に思われるかもしれないが、燃えている首里 […]

テキストのコピーはできません。