女子プロレス

日々是、思ふ 其の弐拾玖

『日々是、思ふ』は、オサーンの身の回りに起こったことや、過去の回顧を中心としたハッキリ言ってどうでもいい話だが、それを遠回しでちょっと知的にみせようとするコラムである。 何故かウチの息子は準備運動をするときに「ぉいっちに~さんし~」と、かなりオッサン的な掛け声をかけるので、朝から笑ってしまったオサーンです。 小学校などで身体測定があったと思うのですが、その記録が通知表と一緒に子供が持って帰ってきま […]

テキストのコピーはできません。