パテックフィリップ

1/6ページ

ロレックスの離脱は想定内?MCMグループのしたたかな戦略

スイスの新聞社 “Handelzeitung” によると、バーゼルワールドやアート・バーゼルを運営しているイベント会社『MCMグループ』が、“Swiss Watch Week”という名称を2020年1月下旬に商標登録していたことが判明しました。実はこれ、裏を返せばこの時すでに、バーゼルワールドからの主要ブランドの脱退、イベントの消滅を予期していたような行動だと思われます。 […]

PATEK PHILIPPE Annual Calendar Chronograph Ref. 5905P-014 

超の付くほど激レアモデルのご紹介です。グリーン、良いですよね。グリーンで連想する国といえば、そう、アイルランドですよ(無理矢理)。 好きな方ならだいたい想像ができるかとは思いますが、このモデルは残念ながらレギュラーモデルではありません。レギュラーモデルのプラチナケースなら、ディープブルーダイヤルとブラックダイヤルがあり、これまたメチャクチャ格好いいモデルなんです。ローズゴールドのモデルは、ブラウン […]

バーゼルが目指す新たな試み

スイスのバーゼルという都市は、時計愛好家にとって馴染みのある都市名ではありますが、そうでない一般の人にとっては全くと言っていいほど知られていない都市かも知れません。スイス北西部、ドイツとフランスとスイスの3国の国境が接する地点(三国国境)に位置し、市街地はライン川をまたぐ形で広がっている。チューリッヒ、ジュネーヴに次ぎスイス第3の都市。大型船舶が通航できるライン川最上流の港を持つ最終遡行地点である […]

2020年並行店 オススメモデル 5月現在

一気に相場が下落したと思ったのですが、ここのところ下げ止まりが見えてきている高級時計相場。そうは言うものの、「買おうとしているモデルはまだ高い」と感じるし、売って資金を作りたいと思っても、「買取価格はかなり低い」という状況が続いているような感じです。 というわけで、ロレックスを中心とした並行店のオススメモデルを見ていきたいと思います。   【2019年6月並行ギャラ】【保護シールあり】R […]

今年出品予定のパテック フィリップがヤバイ!

2020年は経済大混乱、時計どころではなく日々の生活に振り回されている人も多いかと思います。 そんなこんなで高級腕時計市場の相場が、ロレックスを始め大きく値下がりしています。もちろん海外から、特に中国からのバイヤーが激減したのが大きな要因と思われます。この価格帯が、今後どうなるかは先行き不透明です。事態が終息し再び高値になるかも知れないし、しばらく低迷するかも知れません。 そんな状況下、今年も開催 […]

2020年並行店 オススメモデル 4月現在

新型コロナウイルスのパンデミックにより、世界経済が大打撃を受けています。そのせいで、一部の物資不足と休業を余儀なくれる会社など、大混乱を招いています。 日本ロレックスの正規店も休業に入り、新作発表も無期限延期。先行き不透明な状態です。 そんな異様な雰囲気の中、並行店の販売価格はどうなのでしょう。 【中古】ロレックス ROLEX デイトナ 116500LN 並行(2017.12… 価格: […]

時計投資はロレックス or パテック?

新型コロナウイルスの世界的拡大を受け、2020年3月現在、世界情勢がとてつもなく不安定になっています。急激な円高が進み、株価の乱高下、経済界は大きな打撃を受けています。 不謹慎ではありますが、海外から時計を買うには、最高の状態が整いつつあります。逆に並行店での買取価格下落に伴い「売るタイミングを逸してしまった」という人も多いかと思います。 そんな時はしっかりホールド、また戻りますよ(楽観的です)。 […]

パーペチュアルカレンダーお持ちの方、今年は待ちに待った年ですよ!

子供と人名シリトリをしていて、「在原業平(ありわらのなりひら)」と言われて、これまで「ら」攻めに何度も合い窮地に立たされた私が「ら」から絞り出した答えが「ラーマ法皇」だったオサーンです。塗るタイプです。 西暦2020年は4年に1度の「閏年」です。なぜか毎年28日しかない短い2月が1日増える年で、この周期を時計に組み込んだのが、「パーペチュアルカレンダー」ということです。 この機構は現在使っている「 […]

2020年並行店 オススメモデル 2月現在

今年の冬は暖かいのか寒いのか、気温の波が激しく体調を崩しやすいですね。私も例年より早く花粉が噴射されたのか、目と鼻がかゆくて毎日もだえ苦しんでおります。 ロレックスは購入制限を設け、転売対策としてはある一定の成果をあげていると思います。しかし購入できる人の範囲を広げても、必ず一定数の転売が発生すると思うのですが、並行店の入荷状況はどうなのでしょうか。 私もロレックスのSSプロモデルは購入制限対象者 […]

パテック・フィリップは現実的な投資財なのか?

こんにちは、ROLECKSこと山田です。私は正直に言って時計を投資商材として接している部分が半分以上と言って過言ではありません。時計好きの方にはかなり非難されるかも知れませんが、物との接し方は人それぞれです。私にとって大切な物でも、他人にとってはガラクタ同然の物もあるでしょう。 偉そうなことを言って恐縮しますが、続けます。 時間を知りたければ電波時計で十分で、そうでなくても1000円も出せばクオー […]

1 6
テキストのコピーはできません。