エクスプローラー2

2020年並行店 オススメモデル 9月現在

9月に新作発表がされたロレックスの値上がりが凄いですね。中でも、サブマリーナは全ての素材で総入れ替えが起こったので、どうなるのかと思っていたのですが、新旧共に手が付けられないほどの値上がりを見せています。 では、次のロレックスの新作はどのモデルになるのでしょうか?こうなりゃ先物買いですよ。今のうちの相場を把握して買っちゃってもいいんぢゃないですか? ということで今回は、「次、上がんぢゃねーの?」と […]

週間オススメ時計 2019年4月4週現在

気が付けば、もう2019年も3分の1が終わろうとしてます。時のたつのは早いものですね。相変わらずのスポロレ枯渇時代には、並行店で良個体を探すのも、一つの手段だと思います。 【中古】ロレックス 3年保証 エクスプローラーII Ref.216570 ブラック (ROLEX ExplorerII)【楽ギフ_包装】 価格:895950円(税込、送料無料) (2019/4/22時点) 楽天で購入   […]

ロレックス 定番プロフェッショナルモデルの価格推移を見る Part.2

今回も、過去の価格から現在の価格まで、どのような価格動向をしているのかを見ていきたいと思います。グラフの初年にあたる2014年ぐらいでは、今回紹介するモデルのほとんどが、普通にショーケースに並んでおり、「正規店で買うのはもったいない」と言われていたモデルです。今や正規店に並ぶことは、ほとんどないです。 エクスプローラー2 Ref.216570 いつもショーケースに”ミルガウス̶ […]

世界の定価比較 ROLEX Explorer II Ref.216570

つい最近まで正規店へ行けばいつでも会える、「只今ございますステンレスモデルは、こちらとこちらですね」と紹介される「こちら」の1つは”ミルガウス“ともう一つは”エクスプローラー2“でした。それが今はもう・・・無残な状態ですね。この”エク2”も、なかなか手に入れられなくなってますね。ただ、それほどプレミアが付いているわけではないので、逆に新品保護シール付 […]

ニックネームを持つロレックスを見てみよう Part3

ディープロレックスマニアの方々、はたまた初心者ロレックスマニアの方々、毎日ロレってますか?これまで愛称を持つロレックスを紹介してきました。第一弾は「飲み物編」、第二弾は「キャラクター編」でしたが、今回は「有名人の名前の付いたモデル編」です。 有名・署名人たちで、時計好きの人たちはやはり多いようで、その中でもロレックスは人気のようですね。パテック・フィリップやオーデマ・ビゲなどは、ちょっと”鼻につく […]

Baselworld 2019 予想 Part1

早い人ならバーゼルワールドの発表直後に、次年の予想を始めたりもしてますが、そろそろいいんぢゃないでしょうか。とその前にバーゼルワールドってまだ存続するのでしょうか?コストがかかる発表会に、各時計メーカーは去っていくような気がする。実際、バーゼルワールドって、ほとんどがロレックス・パテックフィリップの新作発表ぐらいしか興味ないだろうし・・・その上、今年の7月にはスウォッチグループがバーゼルワールド撤 […]

ROLEX Explorer II Ref.216570

オススメ度★★★★☆ 011年に約20年ぶりに新しくなった現行モデルである。基本的なデザインは変わりないように見えるのだが、ムーブメントが新型になったことによりケースサイズが大きくなったのが、このモデルの最大の変更点である。 これまでのエクスプローラー2にはGMTマスター2と同じムーヴメントを使われていたのだが、今回から搭載されているムーヴメントには、単独のキャリバーナンバーとなるCal.3187 […]

ROLEX Explorer II Ref.16570

オススメ度★★★☆☆ ロレックスの真骨頂は、過酷な環境にも耐えうるタフな作りではないだろうか。しかし現代社会での着用されるシーンと言えば、ほとんどが日常使いとしてである。このエクスプローラーIIは、冒険ウォッチとして開発された。スペックもさることながら、見た目も洗練されている。魅力的ではあるのだが、この洗練された作りの為か汎用性が高いとはいえなく、ほかのスポーツモデルよりも人気が少し劣る傾向にある […]

ROLEX Explorer II Ref.16550

オススメ度★★★☆☆ Ref.16550になり、ベンツ針・大きいドットインデックス・GMT機能など、色々と一新されたこのエクスプローラー2であったが、僅か5年弱で製造終了。この短い間に作られたにも関わらず、のちに価格が高騰してしまう仕様がいくつかある。まずは下の写真を見てもらいたい。 ダイアルカラーが三色ある。しかし、右のアイボリーはホワイトダイアルの経年劣化で変色したものだという。確かにこの色は […]