トケマー by DAIKOKUYA さんで時計を売ってみる

時計を売る時、大きく分けて2つのパターンがあります。まずは、買取店に出す。これは、楽ですよね。モノを送れば指定の口座へ買取金額が振り込まれるというメリットがあります。しかし売値が実勢相場よりも低くなるのは当然で、実勢相場の10万円~20万円は下回ります。引き取った後のメンテナンス、管理、そして販売利益を踏まえる必要があるからです。

そして次に、個人売買です。ヤフオクメルカリなんかは、使っている人が多いですね。利用者が多いほど、希望価格で売れる可能性が上がります。本当の意味での「個人のHPなどで販売する個人売買」が一番利益が上がるのでしょうが、利用者数を考えると、マーケットが出来上がっているところへ出品させてもらうのが、現実的ですね。それにはもちろん”場所代”が必要なわけで、ほとんどが売り上げの〇〇%となっています。ちなみにヤフオクで8.64%、メルカリで10%ほどです。売る物が高級時計。売れた額が100万円だとしたら、8万円~10万円ほど差し引かれて入金されるわけですが、結局は買取店に売った額面とそれほど変わらないことが多いです。

そんな個人販売での革命を起こしているのが今回紹介する”トケマー by DAIKOKUYA”さんです。この「トケマー」は、ロレックス・パテック・フィリップ・オーデマ・ピゲに限っては手数料3%、その他は5%となっています。これは、限りなく高く売れる場所だと思っています。なぜならここは高級時計専門のマーケットで、ターゲットが絞られていますし、商品の相場が一目瞭然だからです。
しかしそこには高いハードルがあります。出品登録を自分でしなければいけません。これが結構大変だったりする。写真もやはり綺麗に撮る必要もある。しかし慣れれば何てこともないです。ということで、できる限り分かりやすく説明したいと思います。

トケマー出品者への登録

まずはここをクリックします→トケマー出品

すると、こんな画面が出てきますので、「出品者登録する」をクリックします。

赤の※は、必須項目です。そして高級時計を売るということを考えて、捨てアドや偽名は後でトラブルとなることがありますので、しっかりと入力しましょう。売れた後に振り込みできないことがないように。

こんな画面(ダッシュボードという)が出てきたら、赤丸の「出品者」から、出品者情報を入力します。ここで入金される銀行口座を登録しますので、間違えずに入力しましょう。もちろん変更もできますが、間違いだけはしないように!

「トケマー」に出品してみる

矢印の「商品」をクリックし、下に出てきた「商品情報の登録・編集・削除をおこないます」をクリック。

矢印の「出品する」をクリック。

ここで商品情報を入力します。わからない部分は飛ばすこともできますが、同じ商品が出品されていれば、それを参考にすると良いと思います。

次に重要なのが「写真」ですね。結局状態を確認するには、これしかないので、しっかりと写真を撮りたいですね。アングルなども、他の出品者さんのアングルを参考にして撮ると良いと思います。撮り終われば、画像の赤矢印からアップロードします。

一枚アップロードし、追加でまだまだアップロードします。矢印の①を選び「画像の追加画面」へ移動し、②で画像を選択、③で再び他の画像を追加していく要領です。

最後に「キャッチコピー」を選択します。プルダウンとなってますので、該当するのを選んだら終了です。画面右上の「保存して閉じる」をクリックすると、出品完了です。完了後は、思ったように出品できているかのチェックをしっかりとしておきましょう。時々、販売価格の桁を間違えてしまうこともあります。大変重要項目ですので、お間違えのないように!

質問に答える

人気のある商品なら、結構の質問が舞い込んできます。やはり高級時計、高額な支払いとなれば聞きたいことは、質問しますよね。ということで、質問が来たら答えましょう。質問が来ると、登録しているメールアドレス宛トケマーから連絡が来ます。できるだけ早く答えてあげましょう。

商品の編集画面から、赤丸の「お客様からの質問」へ行き、答えましょう。

商品が売れたら

商品が売れたら、買い手側の入金があってから発送しますので、連絡を待ちます。

ダッシュボード画面の左上にある「注文」から「注文一覧」をクリックすると、売れた商品がオレンジ色で囲った部分に表示されます。「ステータス」部に売れた商品に対する現在の進捗状況が表されます。購入者が入金を済ませて「入金済み」となれば、商品をトケマー側に発送します。

注文#」をクリックすると、注文の詳細が表示されます。商品発送までの間、主にこの画面で購入者とのメッセージのやりとりを行ったりします。入金手続き後、発送先は左側に記載されているので、ここへ「料金元払い」で発送します。後は、送った商品を「大黒屋」が鑑定し、購入者へ発送してくれます。
時間と手間がかかりますが、売上げの3%と商品を大黒屋へ送る料金のみの負担なので、限りなく実勢相場で売れるのがうれしいです。
最後に、初回の時計販売では、購入代金の振込をする前に「本人確認」が行われます。これは、商品が購入者に渡った後に封書でトケマーから「本人限定受取郵便」で”パスワード“と”メールアドレス“が書かれている手紙が届きます。このパスワードをメールにて送ると、銀行口座へ振り込まれます。


さて、ここまで「売れる」前提で話を進めてきましたが、実際にはそう簡単に売れません。よっぽど実勢相場よりも低く価格設定しているか、相当なレア物でないと、個人出品は難しいです。自分が買うときのことを考えると、高い買い物なので「安心」が欲しいですよね。その安心は、看板を出しているショップの商品となります。

赤の矢印で示した時計は、「個人出品」です。黄色の文字で「鑑定前」と表示されます。売れた時計は「大黒屋」が鑑定してから購入者に送付されるお他は「大黒屋鑑定済み」や大黒屋が公認しているショップが出品している「公認ストア鑑定済み」と表示されます。この表示の差は結構大きくて、やはり購入者は価格的に大きなメリットがない限り、ショップ出品を探します。なので、色々と買取店(並行店)へ見積もりしてもらって、トケマーで売ることによる「費用対効果」をしっかりと精査して使ってみると良いと思います。