ROLEX Submariner Ref.1680/8

レア度★★★★★

サブマリーナに初めてカレンダー機能が搭載され、サイクロップレンズ付きデイト表示を装備したロレックス最初のダイバーズであり、サブマリーナ史上初の金無垢が誕生したのが、Ref.1680/8である。カラーはブラックブルーがあるが、やはりブルーの方が人気がある。

1954年の1stモデル発表から数々のレアモデルを輩出してきたサブマリーナ、その中でもこのRef.1680/8の金無垢モデルも極めてレアな個体が存在する。このモデルは初期モデルのみ通常のドットインデックスではなく、通称“フジツボ(ニップルダイアル)”と呼ばれる金属インデックスが配置されている。通常は文字盤に直接ドットマーカーをプリントしているが、初期モデルのみ、台形に成形された独特の形状をもつアップライトのフジツボインデックスを採用している。そして更にブルーダイヤルには、バイオレットブルーに変色している個体が存在する。これは、ゴールドカラーの文字盤の上からブルーの塗料を塗っているのだが、70年代に使用されていた塗料の成分の関係上、経年劣化を起こしているのだ。面白いのはここからで、

プルー ⇒ パープル ⇒ グリーン ⇒ ブラウン ⇒ ゴールド ⇒ シャンパン

カラーチェンジするのである。各カラーのマニアが存在しているようで、高値で取引されているようである。下にある写真は、まずバイオレットダイアル。

綺麗にバイオレットへと変色した個体

そして、ブラウンへと変色しているダイアルが下の写真である。極めてレアなカラーである。

ゴールドに近いブラウンへと変色したダイアル。これは珍しい!

価格帯

個体数が少なく、日本ではなかなか見つけることができない。海外オークションサイトなどでも、極少量ほど出品されていた。画像をクリックすると、オークションページへとリンクしているので、詳しくはそちらを見てほしいが、下のブルーダイヤルは、箱・保証書が当時のまま残っている激レアセットである。高くて手が出せないが、その投資金額を軽く上回り回収することができるほど跳ね上がっていく可能性は、大いにあると思う。

 

ブラックでも日本円で660万円。しかし個体数が少ないのでなかなか見つからない

 

デイト表示がアラビア文字の個体。何と箱・ギャラ有りの完品!

スペック

ケース素材: 18Kイエローゴールド
ブレス素材: 18Kイエローゴールド
ブレスタイプ: オイスターブレス、ジュビリーブレス
ベゼル: 回転ベゼル
風防: プラスチック
ケース径: 40mm
防水: 200m
ムーブメント: 自動巻き クロノメーター
キャリバー: Cal.1570
振動数: 19,800振動
製造期間: 1965年~1980年頃