ROLEX Submariner Ref.16613

オススメ度★★★☆☆

前モデルのサブマリーナ・コンビモデルである。このブルーが大変人気で、「青サブ/ブルーサブ」などと呼ばれている。しかしブラックのコンビも格好いい!人気モデルであるこのモデルは、2000年以降に発売されたものに関しては、ベルトのバックル部分が違う。

バックル部分も、ちゃんとコンビでいてほしいよね。金無垢モデルのRef.16618にもブルーダイアルがあるが、どうだろう?オサーンは絶対ロレゾール(コンビ)の方が良いと思うのだけど。

 

 

 

こうして見ると、金無垢もイイ!

しかしながら「青サブ」は昔から人気であり、コンビモデルの中ではトップクラスの人気を誇っている。このブルーは、ステンレスモデルにはないワンランク上のステータスを感じさせるものであり、「憧れのモデル」として君臨している。1950年代から長く愛されている「青サブ」、案外手の届く価格で出ているので、少しリッチな自分をコーディネートするときには、なかなか使いやすい。色白のオサーンにはあまりに合わないが、日焼けした毛むくじゃらの腕の人には、年齢を問わず似合うモデルである。

 

希少性

やはりディスコンモデルは、高年式の個体がいい。上記したように、バックル部分も一体感が全然違う。がしかし、実はここで取り上げたのには訳がある。下の画像を見てほしい。

完全にダイアルが紫になっている。これは、バイオレットダイアルといって、プレミア度がかなりアップする個体である。製造期間が1980年後半から1990年前半にかけての個体に出るダイアルの変色。原因は、当時使われていた塗料の変色や、工場の問題、経年劣化など様々な憶測が流れているが、未だに不明である。

価格帯

ディスコンモデルなので定価はあまり参考にならないので割愛するが、バイオレットダイアルの個体で、110万円ぐらいからある。普通のブルーダイアルだと、100万円程度から買える。ブラックだと、85万円~といった感じで、かなり割安である。しかし、ブラックを買うなら現行モデルのほうが良いとオサーンは思っている。

スペック

ケース素材 ステンレス+イエローゴールド
ブレス素材 ステンレス+イエローゴールド
ブレスタイプ オイスターブレス
ベゼル 逆回転防止ベゼル
風防 サファイアクリスタル
ケース径 40mm
ケース厚 12.5mm
ムーブメント 自動巻き
キャリバー Cal.3135
振動数 28,800振動
パワーリザーブ 48時間
製造期間 1989年~2009年