ROLEX Milgauss Ref.116400GV

オススメ度★★★★☆

アンティーク市場で「ミルガウス」と言えば、スーパープレミアモデルである。一時期は製造を全くしていなかったが、2007年に現行モデルが復活し、再びロレックス唯一の耐磁時計として君臨した。そして、2016年に新型エアキングが発表され、オンリーワンだった耐磁モデルではなくなってしまい、Ref.116400ホワイト、ブラックともに製造終了してしまった。このRef.116400GVは、ロレックス唯一であるグリーンのサファイアクリスタル風防を用いている。この風防のみ、製造上の理由からか、偽造防止としてレーザー刻印される王冠の透かしが入っていない。そしてこのグリーン風防モデルの「GV」には、カラーバリエーションとしてブラックとZブルーと呼ばれるサンレイ仕上げの美しいダイアルを持つ2種類がラインナップされている。ブラックとZブルーでは価格差はなく、スペックは同じである。また、ミルガウスが有する8万A/m相当の耐磁性能は、一般に呼ぶ強化耐磁時計の基準値(1万6000A/m)の約5倍もある。2015年以降は独自の高精度クロノメーターに準拠しており精度の信頼性も高くなっている。

 

希少性

発売当初はプレミア価格となり高騰したが、今ではすっかり鳴りを潜め、下落してしまった。これには色々と理由があるが、このクセのある独特のデザインも要因としては大きいだろう。グリーンの風防・オレンジのイナズマ針は想像以上に目立つ。仕事では使い辛いのは確かである。しかし、何度もいうように、こういった不人気モデルであり、クセのあるカラーリングなどは、後に大きなプレミア価格となることが往々にしてある。価格が下がりきった今は、「買いどき」なのかもしれない。

 

価格帯

定価842,400円である。Zブルー発表当初はブラックよりも10万程度高く取引されていたが、徐々に値下がり傾向にありほとんど色での価格差はなくなってきている。オサーンはZブルーが欲しいが、まだ買っていない。このカラーは今後も出てきそうにないので、投資的視点から狙い目モデルではないかと思う。現在の並行店での価格も中古なら60万円台で買える。新品でも定価割れを起こしているので、今が底値だと思う。

追記

2019年1月現在で、価格が再び上昇してきている。Zブルー86万円~ブラック72万円~となっていることをみると、とうとうミルガウスも買取価格から見ると、プレ値直前になっている。

スペック

ケース素材 ステンレススチール
ブレス素材 ステンレススチール
ブレスタイプ オイスターブレス
ベゼル ポリッシュベゼル
風防 グリーンサファイアクリスタルガラス
ケース径 40mm
ケース厚 13mm
重量 155g
防水 100m
ムーブメント 自動巻き クロノメーター
キャリバー Cal.3131
振動数 28,800振動
パワーリザーブ 48時間
製造期間 2007年~(Zブルー:2014年~)