ロレックス 天然素材を使ったモデル Part.4

ロレックスでレアモノを探すなら、スポーツモデルよりもデイデイトの変わり文字盤が実は良いような気が最近しているオサーンです。しかもモノによってはリーズナブルだったりします。
第4弾となる今回も、よろしくお願いします。


オニキス

Datejust Ref.116233BKADO

縞状の玉髄の一種。瑪瑙めのう)とオニキスの違いは縞の形状だけであり、瑪瑙のうち平行な縞のあるものがオニキスです。オニキスの縞の色は白色をはじめ、(紫や青のような色合いを除き)ほぼあらゆる色のものがり、一般には、オニキスの標本にある縞模様は黒色白色となります。


オパール

Daydate Ref.18038

鉱物酸化鉱物)の一種。潜晶質であるため、厳密には準鉱物であるが、国際鉱物学連合ではオパールを正式な鉱物としています。和名は蛋白石たんぱくせき)。埋没した貝殻樹木などがケイ酸分と交代することで生成されたり、温泉の沈殿物として生成されるなど、各種の産状がある。特に、樹木の化石を交代したものは珪化木と呼ばれる。オーストラリアでは、恐竜哺乳類の歯などの化石アパタイトからケイ酸分に入れ替わり、オパール化して発掘されたこともあるそうです。アンモナイトオパール化すれば、アンモライトと呼ばれる。


ルベライト

Daydate Ref.18038

ルベライトは、トルマリン(Tourmaline)グループの中で、主にリシア電気石エルバアイトエルバイト[Elbaite])に見られる、赤色系の発色をした美しい石に付けられた“宝石名”(俗名)です。 このマンガンの含有率が低いものは、ピンク色に発色することから、ピンクトルマリンと呼ばれています。


スギライト

Ladies Datejust Ref.69178

杉石(すぎせき)は、欧米諸国でスギライト(Sugilite)、ルブライト (Lavulite)、ローヤルアゼール(Royal Azel)と呼ばれ、鉱物ケイ酸塩鉱物)の一種。結晶系は六方晶系。大隅石グループの鉱物。日本の愛媛県岩城島で1942年 – 1943年に調査・採取され、1974年に国際鉱物学連合が新鉱物として認定。杉石を新鉱物として申請した岩石学者村上允英の師の名前である杉健一に因み命名されたそうです。このモデルは日本限定で作られたモデルで大変レアです。


ラピスラズリ

Daydate Ref.18238 Lapis Lazuli

方ソーダ石グループの鉱物である青金石ラズライト)を主成分とし、同グループの方ソーダ石・藍方石黝方石など複数の鉱物が加わった類質同像の固溶体の半貴石である。和名では瑠璃るり)。深い青色から藍色の宝石で、しばしば黄鉄鉱の粒を含んで夜空の様な輝きを持ちます。


タイガーズアイ(ブルズアイ)

Daydate Ref.18038

タイガーズアイ(またはタイガーアイ)は、研磨できらめく金褐色の細かい縞模様がトラの目の虹彩を思わせる、パワーストーンとしても人気の半貴石である。和名で虎目石虎眼石とも呼ばれる。赤いものを、ブルズアイと呼ばれています。

 

Daydate Ref.118348 Bulls eye


メテオライト

Daytona Ref.116509 MET

メテオライトは皆さんご存知の通り隕石であり、金属鉄 (Fe) とケイ酸塩鉱物の比率で大きく3つに分類されます。金属鉄が多いと鉄隕石隕鉄)、ほぼ同等の比率だと石鉄隕石ケイ酸塩鉱物が多いと石質隕石と呼ばれます。ロレックスではメテオライトをプロフェッショナルモデルの一部でも使用しており、人気である。


バーチ(ウッドダイヤル)

Dateuso Ref.18078 Birch Dial

バーチは主に寒冷地に育つカバノキ科の樹木です。柔らかな木目と部分的にキラリと光る放射杢を持つのが特徴。英語ではバーチ、日本語ではカバザクラと呼ばれています。ロレックスでは、1980年代に作られたモデルであり、なかなかのレアダイヤルです。


マホガニー(ウッドダイヤル)

Daydate- Ref.18078

マホガニー(英: Mahogany、日本語表記: 桃花心木)とはセンダン科マホガニー属 (Swietenia) に属する植物に冠される総称。木材としては導管が大きく柔らかいため加工しやすく、繊維方向に現れるリボン杢と呼ばれる立体的な見た目から高級家具や高級楽器などに使用される木材として知られる。


ウォルナット(ウッドダイヤル)

Datejust Ref.18428

ウォルナットとは、クルミ科クルミ属の広葉樹のこと。北アメリカ中央部の「ブラックウォルナット」が有名。一般にクルミ属の樹種は、材質が優れ、加工性が良く、狂いが少ない。また比重が軽い割に強度が高いのも特徴。独特のくすんだ色合いを帯び、木目が美しいため、建築用造作材や家具、楽器、彫刻などに多く用いられている。日本の「オニグルミ」もこの樹種の仲間である。


最終回となりました今回の「天然素材を使ったロレックス」ですが、本当に様々な文字盤が存在しますね。初めて見るモノや、全くしらない石もあり、ロレックスの興味をますます引き立たせてくれます。またこういったモデルはアンティークのモデルに多く、数年後には個体の確認が取れないぐらいにレアになっている可能性もあります。たとえレディースモデルでも、です。奥が広くて幅も広いロレックス。お金があれば、買い漁る気持ちもわからんでもないですね・・・