人気スポロレの正規店購入を考察する Part.9

絶不調ロレックスコレクター、オサーンです。11月末と12月12日、関西地区の正規店へパトロールへ出ました。このコーナーを設けていることが、申し訳ないぐらいの結果となっています・・・

実のところ、12月12日は2~3本はゲットできると高を括っていました。何せ、X’mas直前ですからね。しかしながら、大誤算です。いつものこととはいえ、ショーケースはスッカラカンで、店員さんも申し訳なさそうにしておられました。また来週辺りにパトロールできればと思っていますが、どうでしょうね。

それはそうと、大阪の繁華街は完全に中国ですね。観光地に行けば大都市だけではないでしょうが、ホントに中国語(一括りに言って申し訳ないが)が耳にひっきりなしに飛び込んできます。そして、ショックな出来事を耳にしました。やはり、中国へ人気スポロレは大量に流れているようですね。
全ての店舗とは言いませんが、とある筋からのお話を伺いました。ご存知の通り、人気SS(ステンレス)スポーツモデルは、ほぼショーケースに並ばないですよね。そして、デイトジャスト・デイデイト・その他レディースモデルなどは、ショーケースに鎮座されてます。店側はこれらを売りたいですよね。それは当然です。だいたい想像がつくとはおもいますが・・・、そう、抱き合わせ販売です。

その昔、オサーンが小学生だった頃、こんなことがありました。
大人気ファミコンソフト「ドラゴンクエスト3」及び「ドラゴンクエスト4」発売当時に発生した社会問題。
発売日に多くのファンが学校・会社を無断欠席・欠勤した問題はマスコミでも大きく取り上げられたが、当時、売れ残ったいわゆる「クソゲー」と呼ばれるゲームと、大ヒットシリーズとなっていたDQをセットで販売する店がチラホラ現れ、こちらも大きな問題となった。抱き合わせ販売は公正取引委員会の定める不公正な取引方法にあたり、独占禁止法第19条に依り禁止されている。

どっちが「クソゲー」かは言うまでもない

まさにコレである。もちろん海外、というか中国人はそれについて訴えるどころか、財力を生かして買い上げているようです。悔しいです。

by スクールウォーズ(わかる人は相当オヤジ)

このままでは終われない。ということで、少し手を打っておきました。次回には何とか1つでも手に入れたいと思っております。それにしても中国のパワーは凄いです。圧倒されます。人口が中国約14億人に対して日本は1.3億人弱です。10倍以上の差があります。日本全体が飲み込まれないようにする必要がありますね。