人気スポロレの正規店購入を考察する Part.7

今回の「人スポ」は、とある正規店での出来事を記事にいたします。まず初めに、どこの正規店かというと、トップ画像のデパートに入店している正規店です。それ以上は・・・察してください。

さて、今回の商品はこちら。
はい、やりました!こちら、Rolex GMT Master II Ref.126710BLRO です。2018年11月現在で、約80万円くらいの利益となります。一応、オサーンは今のところ手放した時計はありまえんが。結局、コレクションが趣味だと、含み益で喜んではいるものの、手放せないんですよね・・・。カードの支払いが必死です。

それは良いとして、今回の購入に至った経緯は、今までとはイレギュラーでした。それでは、今回の購入経緯を紹介したいと思います。

9月某日(忘れました・・・)、この正規店へ足を運んだのですが、他の用事で近くへ行くこととなっていたので、何の気もなしに立ち寄ってお話をしました。

<オサーン:オ / 店員:店>

まずは店内のショーケースをチェックし、やはり人気スポロレ(SS製スポロレ)がないことを確認し、店員さんに会釈なんかしました。もうそれほど時間もないので去ろうとしたのだが、店員さん(男性)がお声を掛けてきた。

店:何かお探しのモデルでもおありですか?
オ:GMTマスターIIの赤青が欲しいんですよ(と言うてみる)。探しているんですが、ムリですね(笑)。
店:もし宜しければ、GMTマスターIIが入荷したらご連絡差し上げますが・・・
オ:それは嬉しいですね!本当ですか?
店:はい、それではご面倒ですがこちらに連絡先を~

と言った具合で会話がトントン拍子に進んでいき、連絡先を記載しておきました。それから数日後、早くも連絡が!

店:オサーン様でしょうか?こちらはロレックス○○店の○○と申します。以前はご来店ありがとうございました。今回は、GMTマスターIIの入荷のご連絡ということで、お電話を差し上げた次第でございます。

ということで、心臓ドキドキしていたら、こういうことだった。

店:今回、GMTマスターIIのステンレスモデル、Ref.116710LNが入荷いたしました。
オ:え?本当ですか?

と言いながら、疑問に思った。Ref.116710LN?? それって、黒か?電話では一瞬で気付かない。

オ:それって、ブラックのSSですよね?
店:はい、SSモデルのGMTマスターIIでございます。

確かにブラックでも今はプラスになるが、ここは勝負に出て流した。しかし、Ref.116710BLNR(バットマン)が出てきてらた欲しいので、ここはブラックのみを流すように持っていった。

オ:せっかくなんですが、やっぱり”色付きのベゼル”が欲しいんですよ。わざわざありがとうございます。色付きのGMT、待ってます!
店:そうですか、かしこまりました。また、入荷の際にはご連絡いたします。

と、引き続き電話をしてもらえそうな感じで進んだ。そして10月某日(これまた日付不明)、再び連絡が!

店:オサーン様でしょうか?こちらはロレックス○○店の○○と申します。前回のご連絡で確認させていただいた件ですが、GMTマスターIIの入荷のご連絡ということで、再度お電話を差し上げた次第でございます。

マ、マジか・・・再度の連絡ってことは、確実に色付き!

オ:はいっ!入りました?
店:はい。本日、GMTマスターIIRef.126710BLRO、赤と青のベゼルのモデルが入荷いたしました。オサーン様のご購入の意向を伺おうと思いまして。どういたしましょう?
オ:買います!はい、買います!

という風に、できるとは思っていなかった”予約”から”購入”までが成立しました。以前、新型スカイデュエラー Ref.326933の予約はできたが人気スポロレというカテゴリーには入る寸前だった。今となっては入手困難であるのだが。

今回のポイントは、”自分から予約を頼んだのではない”ということである。なかなか難しいのだが、相手の方からこういった流れになれば、ほぼイケルって感触でした。そりゃ、向こうから予約取ってくるんだから当然と言えば当然なのだが。しかし、オサーンにはこんな人気スポロレを予約購入した形となったのが珍しく感じたが、どうなんでしょうね。意外とこのパターンも結構あるのかもしれませんね。

 

 

テキストのコピーはできません。