人気スポロレの正規店購入を考察する Part.19

まずは2月中旬のロレ友の報告からですが、何とまぁ、嬉しい報告を受けました。オサーンが去年、とある場所で知り合った20代のイケメンの若者、太郎ちゃん(仮名)。その太郎ちゃんにオサーンは、「世の中にはね、定価で買ったら儲かるモノがあるのだよ。」なんて普通に聞いていると”詐欺まがい“の怪しい話をし、彼は真に受けて話し相手になってくた。もちろんロレックスの話である。
今年に入り、太郎ちゃんも動き出した。そう、正規店へと。しかし正規店にそびえ立つ高い壁。そんな壁を経験したことがないのだろう。心が折れたという連絡がきた。

当然だよ、太郎ちゃん!

そんなに簡単には買えない、しかも若者には店員さんも冷やかな対応だったんぢゃないだろうか。「5回、10回通って買えるものなんだよ。」と瀬戸内寂聴のように説いてやる。

そんな彼は素直に聞き入れ、大阪の方へと出向いたそうだ。そして先週末、仕事前の気だるいところへLINEの一報が。

「オサーンさん、買えました」

マヂか?!狼狽するオサーン。しかもオサーンが一度も買えたことのない店舗だ。

な、な、何をか、か、買えたのかな?

思わず即座に返信してしまう。しかし彼もやはり気持ちが昂って(たかぶって)いるようだ。そして送られてきた画像がこちら。

Ref.116710LN

GMTマスター2のブラック…ディスコンが噂されているモデルですね。これなら。まぁ、許してやろう、オサーンも何とかゲットしているから…

しかしオサーンの話を聞いて、「でも結局買えないんでしょ?」と言う人が大多数です。一歩も踏み出してない人は、1mmも近づけない。その一歩を踏み出した彼は、早々と結果を出した。凄く俺自身が嬉しかった(メシぐらいおごれよ!)。

また一人、ロレックスの深い沼に足を踏み入れた者が誕生した。

そしてオサーン自身のパトロールですが、相変わらずスカばっかりですね。何が辛いかというと、今の就職事情と同様、”売り手市場“なんですよね。人間って不思議なもので、いくら謙って(へりくだって)いても”主導権“を握っていることが伝わるんです。凄く上手な販売員さんは、さすがにそういったところを見せませんが、年齢に関係なくそのような接客をされる方が、このような「スポロレの不足」が襲ってくると目に付いてしまう今日この頃です。別にオサーンは、偉そうにしたいわけでもなく、ペコペコして欲しいわけでもないですが、商品がないことを「今ないですね」の一言で終わらせるのは、残念でなりません。欲しくて店に足を運んでいるのだから、仮に商品がなくても何か”お土産(情報)“ぐらいは欲しいですね。

って愚痴ってしまいましたが、オサーンの”ロレックス愛“は増すばかりでございます。