人気スポロレの正規店購入を考察する Part.17

春節で見事に中国と化した繁華街。その春節も終息を迎えた今週の「人スポ」は、オサーンのロレ友が巡った報告となります。オサーン自信の報告もございますが、それは今週中に”Part.18“として報告いたします。
今や世界中の人気スポーツモデル品薄現象の中、正規店へ足を運んでは

プロフェッショナルモデルはここにあるだけですね。ステンレス素材のものは現在ございません。

と言われ心が折れ、「こんなに冷たくあしらわれるなら、もう行かない!」なんてメゲている皆様、何事も”継続は力なり”だと思いますよ。諦めたら、そこで終わり。諦めない人にはまだチャンスがあるのです。オサーンも今まで色々と購入できましたが、百貨店の外商に入っているわけでもないですし、ロレックス販売員の知り合いが元々いたわけでもありません。店に通っているうちに、話しやすい人と仲良くなれたという感じです。

あなたを待っているスポロレがきっとあるはずです!

はい、シラケたところでご報告と参ります。ロレ友とオサーンがパトロールに出た日は、同日ではございません。まずはロレ友からの報告と参ります。


意外とオサーンが思っている以上にパトロールをしているらしいロレ友の1人、今週初めに関西の正規店へ向かったそうです。彼曰く「今日は何か胸騒ぎがする!」ということで、電車を乗り継いで向かったそうな。何店舗も回る気持ちでその日は気合十分。そしてスタート地点である正規店に到着した。やはり店内には人が多い。こりゃダメだ・・・そんな彼が目にしたのは、今まさに人気スポロレを買おうとしている客が。あ、あれは”グリーンサブ”・・・ロレ友は思ったそうな。「あと一本早い電車に乗ってきたら、買えたやろぅに・・・」と。自然と涙が頬を伝った、というぐらいの落胆だったそうだ。ふと違うカウンターを見て再び目を疑った。そこには”グリーンサブ”とコンビの”青サブ”のどちらか悩んでいる客が。ロレ友は思った。

何だここは?俺は死んだのか?天国か?それとも夢でもみているのか?

そんな場面に出くわしたら、オサーンもそう思うだろう。こっちもグリーンサブ、あっちもグリーンサブだ。どんな人気モデルでも買えそうな気が再びしてきた。この勢いで店員に聞いてみた。

シードゥエラーとかありますか?

ロレ友は聞いた後に後悔したそうだ。何でもっとありそうなモデルを言わなかったのか。チャンスを逃した感で悔し涙が頬を伝った、ぐらいの落胆を一瞬で再び味わったそうだ。

店員こちらのモデルならご用意できます

ロレ友「えっ!?」

店員「43mmのシードゥエラーでございます」

ロレ友「エッ!?」

彼の胸騒ぎは、彼の濃い胸毛のせいではなく、本当の胸騒ぎだったようだ。かれは上限100万円のクレジットカードしかないので、残額を引き出すべく急いでコンビニのATMへ向かった。走っている最中にも思ったそうだ。

夢なのか?まるで打ち上げ花火のようにあっちゃこっちゃでSSスポーツが出てたけど・・・

その日は何店舗も回ろうと思っていた彼を待っていたのは1店舗目の”シードゥエラー Ref.126600“だった。もちろん購入時に嬉しさのあまり体力を消耗して他へは行かずに帰宅したのは言うまでもない。そんな彼の戦利品を見せていただいた。

重くてデカイ。ヘリウムガスエスケープバルブがある。完全なるオーバースペックウォッチである。しかし格好いい。

1日中見ても飽きないので、「帰らせてくれ」と言うまで我が家でロレ友と赤シードを拉致監禁した。日が変わったので開放してやった。それにしても本当に、格好良い。オサーンには似合わないだろう。でも純粋に格好良い。

シードゥエラーにはサイクロップレンズがない方がい良い。何てオサーンは言っていた。その方がシンプルであり、だいたい深海でどこの誰が「あれ?今日は何日だったっけ?」と思って日付を確認するのか疑問であった。そんな疑問は関係ない。もう、サイクロップレンズのことは忘れよう。俺はこれが好きだ。オサーンも欲しくて仕方がない!そんな彼にあやかりたくて、彼の胸毛を数本むしり取ったのは言うまでもない。

そんなこんなで「人気スポロレの正規店購入を考察する Part.17」はここで終了。また明日か明後日にでもオサーンの報告”Part.18“をいたします。

 

 

テキストのコピーはできません。