人気スポロレの正規店購入を考察する シーズン2-7

大人になってみると、子供の頃には全く不思議に思わなかったことに対して疑問を感じたりすることってありますよね。つい先日も、ネットを見ているとこんなのがありました。

かれこれ10年以上前のイベントらしいのですが、あれだけ吉野家の牛丼を歌っていたキン肉マンが、よりによって「すき屋×なか卯」のイベントに登場するとは・・・というのが不思議だったわけではなく、バッファローマン自身が牛丼を誇らしげに持っている・・・お前、牛のくせに

さて、今回はまたもや久しぶりにパトロールへ出る機会に恵まれました。しかし家内の目が厳しいので、朝から子供たちを連れて近くの公園へ行き、”良いお父さん”を演じてみました。暑かったんですが、それなりに楽しく遊んでいました。パトロールですが、ツイッターなどを拝見していて、どうも買えそうでない現実を見ているので、期待は全くせずに出発しました。

大阪北エリアへまずは向かいましたが全く買えそうな雰囲気がなく、ちょっと心が折れそうになる自分がいました。それでも次にパトロールができる日がいつになるかわからないということなので、他も回ることとしました。そんな時、とあるデパート内正規店で、こんな会話を交わしました。

店員:店 / オサーン:オ

店 : いらっしゃいませ。

オ : すいません、ステンレスのデイトナを探してまして。

店 : (ニコッっとしながら)申し訳ございません。只今、プロフェッショナルモデルは無垢のサブマリーナのみとなっております。

オ : う~ん、そうですか。残念ですが、また出直してきます。ありがとう。

まぁ、ごくありふれた普通の会話でした。普段のオサーンは、こんな感じで終わります。長々と話をするのは、暇そうにしている店員さんがいる時だけです。それも、波長の合いそうな店員さんだけです。とりあえず、数秒で終わる会話の後、エレベーターに向かいました。デパートのエレベーターって結構待つんですよね。そこにやっと来たので乗り込もうとした時、出てきた人たちの中に知り合いを発見!偶然の再開にびっくりしたオサーンは何も声を掛けることはできませんでしたが、彼の方が気付いて声を掛けてきた。昔、職場が一緒だった先輩です。しかし身なりがかなりリッチな装い・・・

先輩 : 先 / オサーン : オ

先 : アレッ?オサーンやん。久しぶり!何やってんの?

オ : いやちょっと。時計に興味があって見に来ただけです。先輩は?

先 : 俺?時計買いに来たんやけど、メシ行く時間あるか?久しぶりやし、どや?

オ : はい、でも何買うんですか?

先 : ロレックス。好きか?(オサーンの時計を見て)お前、G Shockか。ロレックスとか興味ないの?

いや、むしろロレックスしか興味ないと言っても過言ではないが・・・

オ : ロレックスも、好きですよ。買うって、もう決まってるんですか?付いて行ってもいいですか?

先 : おお、来いよ。

ということで、付いて行った先がロレックスではない。何かが違う未開の地に足を踏み入れ、そのままストレートに入ったことのない撮影禁止のエリアに到着。ちょっと年配店員さんがニコニコの挨拶。何だこれは?もうワクワクしかない。

店 : お待たせいたしました。こちらでよろしいでしょうか?

先 : うん、包装しといて。もうメシ行くから急ぎでお願い。

店 : かしこまりました。

ここで出てきたモデルは、こちらでした。

コスモグラフ デイトナ Ref.116500LN ホワイトダイヤル

は?こんなの予約なんてできないっしょ?どういうこと?しかもギャランティの請求書に、先輩の住所などが既に記載されてるし・・・とりあえず時計だけの写真ということで、許可をいただきました。

一応、オサーンがコレクション完了しているモデルなので我慢できましたが、ブラックダイヤルだったら奪い取っていたかもしれませんね。そんなことより、その先輩の支払いに使用されていたカードがどうやらプラチナカードのようである。見た目はただのブラックカードだが、本人曰く、「VIP」と言っていました。それって、外商バリバリぢゃねーんすか⁉

こういう現実を見てしまうと、パトロールをする気をにさせられます。結局ステータスの高い、社会的身分の高い人たちが優先的に買ってしまうんだなぁって。わかってはいたけれど、目の当たりにすると心の折れ方がハンパなかったです。今まで”外商なんかに負けるか精神”で頑張ってきましたが、労せずして購入している人を見てしまうと、ショックが大きいです。そして、普通のサラリーマンだった先輩が実は大金持ちだったと知ったことにWショックでした。その後の食事の時に聞いたのですが、関西にある大企業の経営陣に父親が名を連ねているそうです。HPで見てみると、確かに同じ苗字の方がおられました。はぁ~、とため息をつきながら先輩の金でタダメシ、タダ酒をかっ喰らいながら時計話に花を咲かせました。生まれた境遇だから仕方ないんですけどね。
ということで、食レポっす。タダの時は、美味しい焼肉ということでめっちゃ柔らかい肉を食べさせていただきました。肉にも名刺が付いていて、お皿返却の際にはオサーンの名刺を代わりに置いておきました(後で突き返されました)。
2019_05_11_02

余談になりますが金持ちつながりで言うと、今回出会った先輩とはまた違い、ズバ抜けた大金持ちの知り合いが一人います。と言っても、家内の知り合いなんですが。そんな人なら、パテック・フィリップのノーチラスなんかも正規店で一撃必殺で買える力もっているのだろうなぁ、と思います。そのお金持ちさんとは、ココのオーナーでありココのオーナーでもあります。奥様が家内のお友達(元同級生)なんです。嫁伝手に頼んでもらいたいのだが、嫁は全く取り合ってくれないんだよなぁ・・・直接話さえできればなぁ・・・

と、人を羨んでる暇があれば、自分で何とかしないといけませんね。しかしやはり外商のある店舗では、一般購入がムリとは言いませんが、ハードルはかなり高いですね。折れた心を修復しつつ、また気持ちを新たにパトロールに汗をかきたいと思います。本当にオサーンは、何の伝手もない一般人です。そんな私でも、もがいて何とか購入できる経験をお披露目できれば、と思ってこれからも精進していきます。

 

テキストのコピーはできません。