人気スポロレの正規店購入を考察する シーズン2-4

時計好きの友達がトイレへ席を立ったときに、タバコ3本を反対に入れ替えて、「デイトナ」にしてあげる友達思いのオサーンです。

さて、ゴールデンウイークが近づいてきて、そろそろ正規店へのスポロレ入荷がありそうだと胸をキュンキュンさせながら向かいました。本日のメニューは、神戸~大阪(南)~大阪(北)というルートでございます。話は脱線しますが、普段私は私鉄と比べて運賃の高い(地域によりますが)JRを利用しません。しかし今日は気分転換にJRを利用しました。そうすると久しぶりに利用したせいか、景色が違いました。

おぉ!夢のチョコレート工場ぢゃん!しかもドデカ板チョコ!

ここは大阪、高槻市にある明治の工場です。「チョコレートはmeiji」の明治です。予約をすれば、見学もできるそうです。子供は喜びそうですね…何の得もない宣伝ですが、なかなか攻めた建物で見れて嬉しかったです。
そして本日、オサーンの腕に引っ付いてくるお供はこちら。

Milgauss Ref.116400“です。”GV“ではなく、ノーマルサファイヤクリスタルブラックです。最近はあまりみかけなくなり、もちろん正規店にも、もうありません。実勢相場も地味ではありますが徐々に上がってきてますね。製造期間も約8年ということで、もしかしたら再び「あの時人気がなかったミルガウスが大暴騰現象」が起こるかも、と期待しております。

ということで、神戸に着きました。

いつも思うのですが、神戸大丸の居留地の雰囲気は素敵ですね。人が少ないと、ゆっくり歩いて散策したいと思っています。しかしオサーンにはロレックス正規店をパトロールするミッションがあります。てなわけで、まずは大丸神戸店ロレックスに足を運びます。ここは広々とした店内で、”ありそうな雰囲気“がいつも漂っています(東京の正規店は、こんな規模ばっかりで驚きました)。まずは声を掛けてみるが、相手を選ぶとする。幸い他の客が1人しかいない。うん、ベテラン店員(男)さんへ聞いてみようとしたのだが、なぜか綺麗な女性店員さんに引き寄せられてしまった。それは先日撮影され存在か明らかになったブラックホールのような引力で。

店員 : 店 / オサーン : オ

店 : 「いらっしゃいませ。お探しのモデルはございますでしょうか?」
オ : 「はい、いや…あれっ?綺麗な方なんで…、忘れた(マジで言うこと忘れた)」
店 : 「・・・」
オ : あれ?この女性、表情変わらない…「ええ~っと、スポーツモデルは…」
店 : 「こちらに出ている無垢のモデルだけとなりますねぇ…」
オ : 「そうですか・・・(お通夜か、ここは。)」

どこかしらかお経木魚が聞こえてきたので退散しました。あまりのツンデレ女子の「ツン」の表情をされ、それはそれで少し興奮しながらいつか「デレ」の表情を出させてやろうと心に誓い、そそくさと退散。その後は”神戸そごう”へ行くものの、サブマリーナYG・ヨットマスター2YGぐらいでした。ちなみにヨットマスター2YGは初めて見ました。
再び電車に乗り、天王寺にある”あべのハルカス“へ行こうと思ったのですが、思いのほか神戸大丸の「ツン女」からの”ドS対応“のダメージが尾を引いたのか、気が乗らない。お腹も減ってきたので、ここは難波でラーメンでも食べます。

食べていると、今日はなんだか買えそうな気がしない。よく考えてみると、月に3回程度のパトロールしか出れないからなぁ・・・とか、どんどんネガティブな思考へと変わっていく。

気分が乗らない。高島屋を前にして迷う。しかしせっかく来たのだから一応入ってみることとする。お腹もいっぱいになったので満足してしまっている自分がいる。気分を変えて、今日は併設されている”スイスホテル“から入ってみることとする。実はスイスホテルから入るとデパートの客がいないので、楽に目的階へ行けるのだ。しかしながら、空振りに終わる難波・・・やっぱり今日はダメダメです。もう今日は心斎橋は寄らずに梅田へ行ってから帰ろう。

地下鉄御堂筋線に乗り、梅田大丸に到着しましたがここでも若干「ツン女」にあしらわれて全く買えそうな匂いがない。最後は阪急です。宝飾品の階に到着すると、男性が一人何かをショーケースから出してもらっている!

ん?ナンダアレ?

遠くて見えない。しかし黒いベゼルのスポロレなのは確かである。しかも奥から出てきたのではなく、ショーケースに並べられていた個体である。サブマリーナの黒なのか?

アッ!ま、まさか、シードゥエラー!

はっきりとは見えない。しかしサイズと形状からシードゥエラーであるのは間違いない。Dブルーではないのは確実であるが、間違いない。「赤シード」か「ディープシー・ブラック」である。

あぁ、あの時少し早く出ていたら・・・あそこに立ち寄らなければ・・・先にこっちに来ていれば・・・いろいろと悔しい思いが駆け巡ります。しかも数分の差である。

こんな日もある。今まで買えた時には、自分の後ろにこういう思いをしている人たちがいるんだと実感した。しかし目前で買っている人と僅かの差というのが、西宮神社福男選びで敗れ去った敗者のような気気分であった。

この悔しさを糧にして、前を向いて行きたいと思います。先日引退を表明したイチロー選手も言いました。

毎日前進することばかりではありえない。後退することもある。」と。そう、今日はダメだった。しかし昨日の自分より少し上回るように日々努力するのだ。そうして気付いた時には、凄いことになっている。

しかしプロフェッショナルモデルが一つもない店舗があるというのは、異常事態ですね。

 

テキストのコピーはできません。