人気スポロレの正規店購入を考察する シーズン2-3

人の家に行くと、帰り際にTVのB-CASカードを半抜きにして帰るのが趣味のオサーンです(マネしないでね)。

社畜の僕は、ロレックス正規店の都東京」から先月帰ってきてから、休みなく働き続けて心も身体もボロボロになりつつあります。約半月ぶりの休みを、ゆっくり身体を休めるか、パトロールに出るかを悩む…

否!

迷いなんかない。パトロールに決まってますよ。座右の銘「人生スポロレ三昧」を掲げているオサーンに、休息など必要ない。仕事が休みで平日ならパトロールですよ(土日は子守です)。

というわけで、久しぶりに職場から解放されるオサーンは正規店へのパトロールを仕事中に企画していたところ、何かが起こっていた。基本的に仕事中はスマホをカバンにしまっているので放置状態です。食事時にスマホを見たのが午後9時過ぎ。その時に普段は電話なんて掛かってこないオサーンのスマホに “着信アリ“となっている。ん?どこからかな?何て思いながら履歴を見ると、な、な、なんと、あるロレックス正規店からである!

脳裏を凄まじい勢いで思いが駆け巡る。と言うのも、この店では自分の欲しいモデルを数々言っていたからである。しかしもう閉店している。もう仕事どころではない。落ち着かない。そうなると上司から言われる。

上司「おい、オサーン君!さっきからウロウロ何してんだね!」
オサーン「はい、スポロレが…いや、今回の人事異動のことをゴニョゴニョ…」

と言うことで翌日の休みが来れば電話をするよりも現地へGO!である。しかし何とまぁ、せっかくの休みなのに荒天である。エライ寒いわ、雨降っとるわで前日の電話がなければ外出したくない日である。もう4月半ばなのにコートを着て向かいました。その間も、「どのモデルだろう?」とロレックスのカタログのように様々なモデルが入れ代わり立ち代わり浮かんでくる。
そんなこんなで到着し、恐る恐る入店すると電話をしてくれた店員さんが驚いたようにこっちを見る。

エッ!オサーンさん、わざわざ来ていただいたんですか?昨日のお電話失礼しました。
なんて言い出すから、
昨日は間違い電話、すいません。
って言われるのかと一瞬思った。しかし次の瞬間、
「以前お話されてたと思うのですが、そのモデルが入荷しましたのでひと声お掛けしようかと思いまして、(ニコッ)」

や、やはりそうか!で、何だよそれ。早く言えよ!」と心の中のオサーンがフライングしそうになるところをグッと抑えて、
あぁ、何か言ってましたね。で…?」とできるだけ冷静に返答する。

とここで、「一度実物をご覧になられますか?」と店員さんに言われる。わざわざ見る”実物“ということはもしかしてこんなのか?

そりゃなんぼ何でも、金ネーゼ!それともこれか?

これも言ったことあるけど、買えネーゼ!と、もう頭がパンクしそうになる。そして奥の部屋へ誘(いざな)われた。

お持ちいたします、しばらくお待ちください。

と言われれば、完全にしつけがされた犬のように”待て“状態で待機である。

ここは育ちの良さを存分に出すオサーンは全く手を付けずにご主人様の”ヨシ!“の合図を待つ。そう、待つこと約1分・・・

キターーーー!ウォ~!確かに欲しいって言ってたモデルっす。ヒャッホ~イ♪

「い、いや、これ、おいくら万円っすか?」と聞く私。そう、案の定、ステンレスモデルではなかったのです。

そうか、政府が新札を発表したから、もうすぐ福沢諭吉のお金は使えなくなるんだよ。早く銀行から出して使ってしまわないと!

と、心の悪魔が新たなるロレックスを買うように素敵な言い訳を作ってくれた。価格を聞いたオサーンは気が付けば一目散に銀行へ走ってました。拳銃も包丁も持たずして、銀行から金を鷲掴みし再び店へ戻る。まるでボールをご主人様に遠くへ投げられた犬が喜び勇んで咥えて帰ってくるように。

ゼエゼエ、はい、ここにこれだけあるのであとはカードでヨロシコ

実はこの時、相当興奮状態で錯乱していたようだ。冷静な今は何てことをしてしまったのだ!と思うのだが、もう買ったものは仕方がない。もうご主人様からご褒美をいただいた犬は、そそくさと帰宅するのみです。その前に、店の前ではマーキングをしておきました。パトロールなんて、もうお金がスッカラカンなのでできません。

帰宅後は紙袋から出して「開封の儀」です。

写真では伝わりにくいですが、ステンレスモデルと違う大きさの箱です。

ギャランティーはまだですので、申込書が挟まっています。

前に開く箱です。これ、出しやすくて他の小さい箱でも採用して欲しいです。そして・・・

買っちゃいました。コスモグラフ デイトナ Ref.116518LN シャンパン×ブラック です。欲しい欲しいと言っていると、叶いました。もう支払いなんて、どうにでもなるっしょ。

カッコいいっす。う~ん、これは格好いい。皆様、福沢諭吉の日本銀行券の有効期限が終わる前に、使っちゃいましょう!