人気スポロレの正規店購入を考察する シーズン2-24

毎朝欠かさず、枕の抜け毛チェックをしているオサーンです。何故か少し抜け毛が多い。本数的に約2%多い。消費税と連動しているようです。

今日は数十年前に入社した同期達との飲み会。毎日会う同期もいれば、数年間会っていない者もおり、楽しみです。仕事を手早く済ませ、待ち合わせのお店へ向かうこととなっております。

私は出社後、

今日は営業課と外勤に行き、直接退勤します。

と告げてそそくさとバスに乗り営業に出ました。会社では”デンセツのオサーン“で通っている。会社の内線でも、「デンセツのオサーンさんいますか?」とここ一番、困ったときには掛かって来るぐらいだ。頼りにされている。今日も一発、歴史的な仕事をしてやろう。

電気設備課・課長3年目、電設のオサーンが気合を入れて外勤してまいり…

 

 

 

 

 

 

ここから電車で、神戸へ行けるんだよ

恐らく心の声だろう。ふと前を歩く若者の時計に目が行く。”チューダー・ブラックベイ ダーク“である。いつもショーケースに格好よくならんでいるPVDコーティングの”憎いヤツ“です。営業課の若い連中には、

『オサーンさんのサポートで助かりました。』と帰社してからは報告するように!

と、パワハラスレスレの命令を下し、一人バスを下車する。

オサーンに外勤なんて不可能。結構人見知りしますから。仕事なんていつでもできる。ロレックス一期一会である。十三から向かうは神戸。消費増税なんて、気にしない。抜け毛増の方がダメージだ。向かうは神戸

今日は頂いたも同然」どこからともなく、自信がみなぎる・・・ん?”そごう“の文字がない。どういうことだ?さてはて??・・・

そうだった。そごう阪急になるのだった。しかし日程は知らなかった。失敗した。今日から休みという事実を突き付けられ、悲しみのあまり大粒の鼻水がこぼれ落ちる。”オサーンの風邪は鼻から“なんです。”黄色のベンザ“必携です。

仕方がない。大丸に賭けるしかない。

大丸のサイドウォークカフェでお茶している神戸ママーン達を横目に向かいます。私もいつか、こんなところで小綺麗なママーンとオープンカフェで…妄想癖が出る場所です。

暑い中歩く事約10分、到着しました。チューダーにももちろん立ち寄り、クロノダークを訊ねるがやはりありませんでした。まぁ私の本命はスポロレ。気合満点でロレックス店内へ。

 

しかし残酷なまでの結果が。

プロフェッショナルモデルは皆無です」と。

忘れていた。三宮神社にお参りしていなかった。敗因はハッキリした。無神論者の私だが、お参りを済ませ、大阪へ向かう。

何といってもオサーンは大阪生まれ、ヒップホップ育ちである。神戸は無理でも大阪ならヒップホップの乗りでゲットできるに違いない。

阪神電車に乗り込み、ダウンタウンの故郷”尼崎“で乗り換え、難波へ向かいます。

ロレックスに到着するなり、前回同様、チャイニーズがてんこ盛りいる。全くオサーンの相手をできる状態ではない。

やはりホテル併設の正規店は、なかなか厳しいのかも知れません。時間を潰すほどの余裕もない。チューダーで再びクロノダークを伺うものの、「なし」という結果に。

これがスランプというやつか…

地下鉄に乗り込み、心斎橋へ。大丸チューダーに行き、それなりの期待をしながらクロノダークを聞く。しかしここは、本当に狭く感じる。恐らく、サイドがオープンではなく壁だからであろう。まぁいい。あればいいのだ。

見渡す限り、そのようなモデルはない。全く持って縁のないモデルである。聞いてみるも、「No」という答えだった。

チューダー、お前もか…

古代ローマの政治家、ジュリアス・シーザーが最期に放った言葉、「ブルータス、お前もか…」。彼と初めて心が通じた瞬間でもあった。

ロレックスのある2Fに行くが、ここもチャイナマネーが飛び交っている。もう用はない。

店を出て、レキシアにも寄りました。ここは誰もお客さんがいなかったのでゆっくり見れましたが、お話を少しするだけにとどめておきます。

残すは梅田です。まずは大丸梅田店へ行くが、ここ最近は恐ろしいほどの塩対応である。以前お世話になっているので別に良いのだが、ニラメッコしているかの如く表情を崩さない。人見知りをするオサーンは、こういうタイプが苦手なのだ。チキンハートである。なので、そそくさと退散するしかない。時間もない。

だんだん日も沈んで暗くなってきている。阪急梅田店へ向かい、急いで7F、ロレックスに行く。店員さん、早く帰りたいのか店じまい状態…終了のホイッスルが鳴るまで片付けないでほしい。”家に帰るまでが遠足“とオサーンは、教わった。まだ閉店じゃないのに、「閉店ガラガラ」は失礼じゃないか。一応声をかけてみるが、彼等の心のシャッターも「閉店ガラガラ」ようだった。

そんな心の雄叫びも虚しく、空のショーケースをチラ見してため息一つ。チューダーも結局、肩透かしに終わった。

あの元メジャーリーガーのイチローでさえも、”イップス“に陥ってしまう。オサーンだってイップスになってしまっても仕方がない。一生懸命パトロールしても、「ない時はない」、「無理な時は無理」なのだ。

会社へ連絡する。

今日の相手さんはシビアな方が多くて、なんとか次につなげられるように爪痕だけは残しておきました」と。

同期との約束の時間が迫る。こんな日は浴びるほど飲むしかない。悪いことは忘れよう。

オレンジジュース×2杯、ジンジャーエール×3杯、烏龍茶×4杯、を飲み干し焼肉を食べて帰りました。アルコール全く飲めないのは、ご了承ください。

最近はスポロレ購入を「考察」しておらず、”日記状態“なのはこの際どうでもいい。

 

 

テキストのコピーはできません。