人気スポロレの正規店購入を考察する シーズン2-18

人気スポロレの正規店購入を考察する シーズン2-18

ゴルフはしませんが、ロレックスランキング10位ぐらいのオサーンです。

ヴァケイションシーズンですね。今回は前置きが長くなり、しかも内容は薄いのでご注意ください。
私、オサーンは病院から退院しその足で正規店へ赴き、GMTマスターII Ref.126711CHNRをゲットしたのですが、そんな余韻に浸ることなく、夏休みの息子達を連れてキャンプに。実はこれ、イギリスに住む友達家族が日本に帰ってきたので、2家族合同キャンプということです。行き先はここ、大久野島という瀬戸内海に浮かぶ島です。

この大久野島というのは、昭和初期に旧日本軍が毒ガスを製造するために研究をしていた島です。何が人気かというと、ウサギがいたるところにいることです。天気予報を見ていると、何か台風がくるという情報もありますが、オサーン以外のメンバーは至って楽観的です。
出発当日は快晴。当初の心配は一気に吹っ飛びました。

島の至る所に”野ウサギ“ならぬ”野良ウサギ“がウヨウヨいます。確かに可愛いです。しかし観光客も多く、食事には全く困っていない彼らは野生化とは言えないと思うのですが・・・まぁいいでしょう。そんなことよりも日焼け対策を怠っていた為、顔・首・腕・足と火傷状態です。インドア派のオサーンは全くこういうところがダメなんです。サンダルしか持っていなく、足の甲がおかしなことになっています。

さて、開けて翌日は夕方から台風が来ました。そして寝ているとテントが飛びました。しかし子供とヨメーンはスケルトンテントでグッスリです。全く無神経で図太い性格は羨ましいです。

1人で荷物をまとめ、風で飛ばないように必死のパッチで作業をしていると夜が明けました。

やはり家族の安全が一番です。この後、大雨も降りましたがロレックスのことなんかは忘れて、まだまだアウトドアを満喫したいと思います。

 

昭和生まれの日本男児。決めたことは一生貫く。キャンプ?そんな子供のお遊びにいつまでも付きあっているヒマなどない。そう、男は黙ってパトロール、三度のメシよりパトロールである。待ってろヒロシマ。初めての店舗を満喫してやるぜ!

スポンサーリンク

大雨降りしきる中、父を追う息子たちを振りほどき、一人車でフェリーに乗り込む。さらば息子達、さらばヨメーン。こんな男に惚れたことを後悔しても、もう遅いんだよ。悪いな。

しかしフェリーに乗りラジオを聞いているとキャンプボケをしていたことに気付く。今日は8月6日。「広島原爆の日」である。そんな日に広島市内に向かうのは不謹慎である。一気に我に返るオサーン。はやり日本男児、今日はヒロシマに黙祷をして帰ろう。本郷ICから山陽自動車道に乗り、我が家へ向かう。途中、岡山があるが、今日はそういう日ではないとヒロシマが教えてくれた。中国地方を抜けると暑さが酷い。風も弱くなり天気が良い。天気が良いと、気分が晴れますね。兵庫県に入り、神戸・・・コウベ・・・こうべ・・・

再沸騰

ふつふつと心の奥底から湧き上がる情熱。これを止めれるのもなどない。13年目のバモスをフルアクセルで鼓舞するも、後ろから前から煽り運転を受ける。しかし全く気にしない。

もっと煽れ

その煽りで俺の心はバーニング。ETCの為のスロウダウンも今日はしない。なぜならそこにロレックスがあるから。バーの開閉キリギリでヒヤリとするが、バモスは唸る。

※煽り運転は違法です。やめましょう。

ということで、まずはここに来ました。

そごう“です。「プロフェッショナルモデル、あるだけ全部いただきますよ。」そう意気込みながら、入店。いつもの店員さんがいるが、なぜかオサーンを見て”キョトン“としている。なぜ?ん?

そうだった。オサーンはキャンプ帰り。汚ったない姿だった。Tシャツ・短パン・サンダル、髪の毛ボサボサである。逆に失礼だった。我に返るオサーン。しかも心配までしていただいた。

サンダルから覗く足が、日焼けではなく火傷状態だったからである。かなり痛い。しかも右足の親指はスケルトンテントで寝たせいで、寝ている間にウサギにかじられて怪我をしている。

お大事に・・・」とロレックスの店員さんに言われた客もそう多くないだろう。やはり今日は来るべきではなかった。目と鼻の先に大丸もあるのだが、悪い印象を残す方がマイナスだろうし、おとなしく帰ることとしました。しかししらばくは仕事があるので、パトロールはできそうもありません。

今回勉強になったことは、「いつもこ綺麗な格好している人でも、汚ったない格好していると敬遠される」ってことです。皆さんもキャンプ帰りにロレックス正規店へ行くときは、お気を付けください。

 

 

スポンサーリンク

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});