人気スポロレの正規店購入を考察する シーズン2-11

オサーンのウチでは、娘が欲しがったこともあり、インコを飼っておりました。名前は「ベニズワイガニ」と言います。もらった時に、「ベニズワイガニ」と書いてあった箱に入ってウチにやって来たからです。

ベニズワイガニちゃん

それが先日、息を引き取りました。悲しかったですが、素敵な思い出をいっぱい作ってくれました。言葉もいっぱい覚えて、笑わせてくれました。アーメン。

さて、本日はヒョンなことからお休みをいただけることとなりました。予定外だったので、録画して溜まっているテレビ番組でも観る・・・否!

時間があれば、パトロール。それがオサーンです。急いで消防士の如く出撃準備をし、家内には内緒の休みができたので証拠が残らないように普段通りの状況を作りました。

さて、今日のお供は天気も気温もそこそこ良いのでこんなのにしています。

デイト有りは、日付を直すのにちょっと面倒ですね。でも色々とローテーションで着けてやるのがオサーンのかわいがり方です。最近はRef.116613LBですら、入手困難ですね。

しかし決戦を前に、腹が減りました。とそこに、超スタイリッシュな王将を発見!洒落た王将です。バースタイルになっている王将、初めて見ました。

写真が影になっちゃいましたが、バーカウンターでチャーハンと揚げそばをガッツリいただきました。この王将のシェフは、良い腕してました。もうこれだけ食べたら、いつも通り「七味」で30品目ぐらいにはなるでしょう。エナジーチャージ完了です。

今日はどこから行こうか考えましたが、移動がいつも電車なので移動費の関係上、どうしてもオサーンは神戸からとなってしまいます。今日も三宮神社の神様にお賽銭を入れます。どうもスポロレを買えないのはお賽銭が少ないからだと言われている気がします。なので小銭入れをひっくり返して全部入れました。しかしその中に覚えのない500円玉が入っていて、思わず「しまった!」と叫んだのは言うまでもありません。お賽銭の分、しっかりと働いてください、神様。

大丸前に着くと、ロレックスを購入した若者が母親らしき女性と出てきました。若い綺麗な女性店員さんが、深々とお辞儀をしている。何を買ったのか、知りたくて仕方がない。しかし同時に、「今日はチャンスなのでは!?」とも思いました。入店し、男性店員さんに笑顔で近づくオサーン。軽く会釈し尋ねる。

GMTマスター2の匂いに誘われて来たのですが、ありませんか?」

このオサーンの軽いジャブをノーガードで交わす店員。

「ただ今、プロフェッショナルモデルは・・・」

いや、断る前にオサーンの文言、しっかりと聞いてくれたのだろうか?それとも「めんどくさッ!」と思ったのだろうか。恐らくそうだろう。まぁいい、オサーンは潔く去る男。足早に店を出た。

先日、恥ずかしい思いをしたLouis Vuittonの前は競歩のようにさっさと通り過ぎ、そごうへ。やはりここもお目当てのモデルはないようだ。しかし、ヨットマスター2ロレゾールが入荷していた。珍しいと言えば珍しい。しかし違う。これじゃない。三宮神社の神様は、どれだけオサーンに貢がせるつもりなのだろうか?

ここから天王寺、あべのハルカスへ向います。オサーンとはあまり相性の良くない店舗なのですが、せっかくなので寄ります。店内を見渡しても、もちろんスポロレはありません。店員さんに一応聞いてみますが、やはり期待していた答えはもらえませんでした。ここの立地が難波か心斎橋、、もしくは梅田にあれば、関西ロレックスパトロールは助かるんですけどね。せっかくなのであべのハルカスでトイレだけは使わせてもらいました。

天王寺から地下鉄に乗り難波高島屋へ向かおうと思っていたのですが、ちょっとトラブル発生。いつも服用している薬のせいか、あのゴミゴミした御堂筋線で爆睡。気がつけば梅田の手前。こうなれば梅田から周るしかないです。少し予定が狂ってしまって時間のロスです。梅田大丸阪急と全くカスリもしない状態で、大阪ミナミへ再び地下鉄に乗っていきました。少し疲れたので知り合いのメガネ屋に立ち寄りましたが、この店主がまた話好き。オサーンも話好きなので時間がドンドン経過していき、今日のパトロールは終了にしようと思いました。でもこのメガネ屋からレキシアは歩いて1分ほどなので覗いてから帰るとします。

レキシアに入ると、ニコニコ綺麗な店員さんがご挨拶してくれました。やっぱり癒されますね。オサーンのことが好きなのかと勘違いしてしまいそうです。そんな彼女に「ごめんなさい。今日もないんですよ~」と言われても、「いやいや、○○さんに会えただけで今日は満足です。」と、言葉を残して店を出ました。

そういえば来週、忙しくてパトロールは無理だなぁ・・・そう思ったオサーンは最後にもう1店舗寄ろうと思いました。その思考がミラクルを起こしてくれました。

その店内でショーケースを覗いていると、奥で何やら購入中の人が。羨ましいなぁ、何買ったのかなぁ。と思っていると、隙間から少し見えた店員さん、持っているトレーに乗った”GMTマスター2 Ref.126711CHNR“を発見!これは羨ましい・・・毛穴からは汗、鼻水にヨダレがしたたっているオサーンにベテラン店員さんが声を掛けてきた。

店員 : 店 / オサーン : オ

店:「いらっしゃいませ。何か気になるモデルがございましたら、何でも」

オ:「はい、GMTマスター2のコンビが欲しいんですよ。ず~っと探していて。」

店:「そうですか・・・あいにく今はこのショーケースにあるだけですねぇ。」

オ:「しかし全くスポーツモデルがないのなら、もう諦めたほうがいいですかね?」

とここで、奥から初老の男性が手ぶらで出てくる。後から続いてきた店員さんも何も持っていない。とここでオサーンと話をしていた店員さんが、急にどこかへ消えたと思ったら戻ってきた。

店:「今ひとつ、お探しのモデルのキャンセルが出ましたのでどうでしょう?」

オ:「えっ!?コンビ?あのオッサン、いやあの方、キャンセルしたん?エ、エ!?」

店:「はい、無垢のモデルを希望されていたようで。」

マジか?ラッキー! おい、オッサン、サンキュー!ちょ、飯でも!

こんなこともあるのか。棚ボタとはこういうことなのだと実感しました。もちろんあの老紳士の姿はもう見えません。

店:「良かったですね。最近は必ずと言っていいほど買われるので、珍しいパターンです。」

オ:「あの方、神様ですわ・・・エ!?かみさま・・・」

そう、オサーンは神様をこの目で見たんです。あのオッサン、三宮神社の神様に違いありません。そういや、あのオッサン、こんな顔だったような・・・

一緒にミスターポポはおりませんでしが、間違いなくオサーンにとっては神様でした。今度は躊躇することなく、お賽銭を500円、入れたいと思います。

いつも店員さんに、「タイミングですねぇ」なんて言われますが、今回はまさしくタイミングだと思いました。完全に事故のような購入体験です。

帰りの電車、駅のホームでふとズボンのチャックが全開なのに気付きましたが、今日は良いんです。中の具が出てても気になりません。

帰宅してずっと見ています。ホント、嬉しいっす。しかし家内には内緒です。今日は仕事だったので・・・