ROLEX GMT Master II Ref.16710

オススメ度★★★☆☆

三カ国の時間を知りことのできる時計、それがGMTマスター2。世界を飛び回るパイロットやスーパービジネスマンには大変重宝するこの機能、オサーンには全く不必要である。しかし、この独特のデザインは、「人気のモデル」と言われれば格好良く見える。実際、この青/赤の通称「ペプシ」もビジネスシーンでは使い辛いカラーリングなので人気がなく、売れるのはブラックであった。それがいつのまにやら黒ではなく色モノが人気になった。Ref.16710は3色展開しており、赤/黒の「コーク」とブラックがある。現行モデルのペプシはホワイトゴールドに使用されていて、「ステンレスモデルには使われない」と噂されており、この先代モデルのペプシが非常に人気のあるカラーと今ではなっている。そして、長い製造期間の中でもケースに横穴がなくなった個体からが高価買取モデルとなっており(元々の定価からは、どの品番でも値上がりはしているが)、ディスコン間近のZ番途中からはムーブメントも新しくなり、恐ろしく高い価格での取引がなされている。

赤/黒のコーク

ブラックはサブマリーナとかぶってる??

希少性 

上記したように、新たなムーブメントを搭載した個体は既に手に届く価格ではない。むしろ、横穴がなくなったF品番~辺りが狙い目か。価格をみて、もっと古い個体でも状態次第ではまだまだ遅くないと思う。そしてこのRef.16710はベゼル交換が可能であるので、ブラックからペプシ・コークへの「ベゼル交換」が日ロレで可能だ。また、文字盤の「GMT MASTER II」の「II」の表記にもパターンがあり、エラーダイアルとして価格が跳ね上がっている「スティックダイアル」などが希少性を高めている。

左がノーマル・真ん中はスティック・右はレクタンギュラー

価格帯

定価594,000円の時代があり、そのことを考えると今は20万円~50万円以上の跳ね上がり方をしている。現行モデルの定価が864,000円なので、やはり人気モデルは右肩上がりの価格推移だ。特にディスコン直前のZ/M番のCal.3086搭載もでるは280万円は下らない超プレミアモデルとなっている。V番もあるらしいが一度もネットでも見たことがない。ホントにあるのかなぁ?あればスーパーレアでしょうね。

スペック

ケース素材 ステンレススチール
ブレス素材 ステンレススチール
ブレスタイプ オイスターブレス
ベゼル 24H回転ベゼル
風防 サファイアクリスタル
ケース径 40mm
ケース厚 12mm
ムーブメント 自動巻き クロノメーター
キャリバー Cal.3185
振動数 28,800振動
パワーリザーブ 48時間
製造期間 1990年~2007年