ROLEX GMT Master II Ref.116718LN

オススメ度★★★★☆

ロレックス唯一のパイロットウォットとして君臨している「GMTマスター」。その中でも今回紹介するのは、Ref.116718LNである。そう、Ref番号の末番が「8」である。末番の8は、煌びやかなイエローゴールドを意味する。オサーンはこのイエローゴールドのブレスが大の苦手である。コンビワイトゴールドエバーローズゴールドならまだいいのだが、この“いかにも感”がどうも・・・なんだが、これはめちゃくちゃ欲しいモデルである。

実はこのモデル、GMTマスター生誕50周年で出ている。ロレックスのコーポレートカラーであるグリーンダイヤル金無垢という気合の入りようは話題となり、機能面・外装面も大きく変更している。

今やデイトナなどに使われているセラクロムベゼルであるが、この Ref.116718LNで初めて採用されている。やはりこの外装面での躍進は、ロレックスの期待なども込められていたのだろう。そんなことから、GMTマスターはロレックスでも屈指の人気モデルに成りあがった。

内装面での注目は、パラクロムヒゲゼンマイである。ロレックスが開発・特許を取得している技術で、現在では多くのムーブメントに装備されていますが、これも Ref.116718LN が最初の搭載となっている。

シックな黒ダイヤルもある。ブラット・ピットが着けていたこともある。

将来性

数年前まで金無垢モデルだけあって、定価割れで並行店では手に入っていた。しかし最近高騰している。はやりこの記念で作られたモデルは人気が出てくる風潮にあるようだ。サブマリーナ50周年では、Ref,16610LV や、デイトナ50周年では、Ref.116506アイスブルー 、そしてシードゥエラー50周年Ref.126600 である。サブマリーナシードゥエラーはプレミア価格となっているし、デイトナ・アイスブルーは定価が700万円オーバーでも、最近は並行店でも定価に近づいている。今でそうなら、ディスコン(製造中止)になれば、大化けすることも全く不思議ではない。そう、このGMTマスター2 Ref.116718 も、将来性十分なモデルである。

追記:2018年を最後に製造中止した模様です。

価格帯

定価 3,423,600円。さすが、金無垢モデル。なかなか手が出せる価格ではない。並行店での新品価格が320万円~で、若干低下割れしている。中古の実勢相場は、300万円弱~となっている。そして、こんなに高くてプレミア価格になっていないのにオススメ度が星4つなのにも理由がある。実はこのモデルの製造が2005年~なのである。もうすでに13年経過している。言わんとしていることはお分かりだろうが、そろそろ消えてもいい時期に来ているのである。無垢モデルはおそらくそれほど製造数が多くないであろうから、一発狙いにはまだ定価割れしている今が最後のチャンスなのかもしれない。

スペック

ケース素材 イエローゴールド
ブレス素材 イエローゴールド
ブレスタイプ オイスターブレス
ベゼル セラミック製24H回転ベゼル
風防 サファイアクリスタル
ケース径 40mm
ケース厚 12mm
重量 218g
防水 100m
ムーブメント 自動巻き クロノメーター
キャリバー Cal.3186
振動数 28,800振動
パワーリザーブ 48時間
製造期間 2005年~2018年