ROLEX Explorer I Ref.114270

オススメ度★★★★☆

デザイン面では完成されているこの「エクスプローラー1」は、先代モデルである Ref.14270 からの変更がほとんどない。ケースサイズも36㎜と今の主流からは少し小ぶりではあるが、それゆえにスッキリしておりシンプルさを際立たせている。ロレックスのスポーツモデルの入門機的存在であり、初めてのロレックスとしての価格も丁度良い。20歳代~30歳代の購入者が多いのも、このモデルの特徴である。並行店では現行モデルとこのRef.114270が置いてあったりする。そんな時は、価格を比べるのはもちろん、現行モデルの39mmと36mmのサイズをしっかり試着して、自分に合う方を買うのがいいだろう。

冒頭に、先代モデルの Ref.14270 とほとんど変更している点がない、と記載したが、ムーブメントのの耐衝撃性がアップしたり、サファイアクリスタルガラスの6時位置に、王冠の透かしが入っている。先代モデルとサイズが同じなので見分けづらいが、簡単な見分け方はこの透かしが一番わかりやすい点かもしれない。しかし、先代モデルでもガラス交換されている個体に王冠の透かしが入っているのもあるそうなので、注意は必要だ。

将来性

2002年あたりの個体は、そこそこ手ごろな価格で手に入れられる。しかし将来的な価格上昇を狙うなら、ルーレット刻印の入ったモデル(2007年以降)を狙いたい。さらに、後期のVシリアルあたりにしか存在しない「ブラックアウト」と呼ばれるインデックスの「3.6.9」に夜光塗料がついていない個体が存在している。また、Gシリアルの個体や、今と同じランダムシリアルの個体が数少ないが存在しており、ブラックアウトと同じくプレミア価格となっている。

価格帯

定価493,500円。しかし、あまりこの定価は今となっては参考にならないですね。このモデルは2007年あたりから、ルーレット刻印が入る。それまでのモデルなら2018年9月末現在で、50万円あたりで見つけることができる。しかし、ルーレット刻印が入っている個体など後期になると、60万円台になってくる。

スペック

ダイヤル: ブラック
ケース素材: ステンレススチール
ブレス素材: ステンレススチール
ブレスタイプ: オイスターブレス
ベゼル: スムースベゼル
風防: サファイアクリスタル
ケース径: 36mm
ケース厚: 11.5mm
重量: 約105g
防水: 100m
ムーブメント: 自動巻き クロノメーター
キャリバー: Cal.3130
振動数: 28,800振動
パワーリザーブ: 48時間
製造期間: 2001年~2010年