ROLEX Cosmograph Daytona Ref.116520

オススメ度★★★★☆

2000年、ロレックスはとうとう自社製のクロノグラフを完成させた。先代モデルRef.16520はクロノグラフ技術では定評のあったゼニス社のムーブメントを使っていた。そのノウハウを蓄積し、このモデルが誕生した。オサーンのイメージでは、ロレックス=デイトナなところがある。なぜかと言うと、並行店(質屋)等の看板・広告に使われるデザインや写真にはデイトナが使われていることが大変多かった。それだけ人気があり知名度も高かったのだろう。カラーはブラックとホワイトがあり、人気は断然ブラックである。

少性

正規店でオサーンは見たことがない。正規店はデパート(高島屋や大丸など)にあることが多く、こういう人気モデルは入荷しても外商へ回ることが多いと聞いている。当たり前のことだが、お得意様に流れるシステムとなっているのだ。昔は可能だったようだが、予約は受け付けてくれるところはないだろう。個体数は、並行店に行けば必ず出会えるほど出回っているが、減少していってる感じがする。そんなデイトナには、希少な個体が存在する。それは、文字盤が元々「白」だったはずが、塗料の変色で「クリーム色」へと変わっているものがある。200万円は下らないだろう。その他、バックル内側が「鏡面仕上げ」となっているものがあり、製造中止直前にデイトナの仕様変更されたのもである。

これは白だが、クリームは価格高騰で買えない

価格帯

販売定価は1,242,000円であった。その当時は白文字盤を並行店で買うと、定価割れしていたと聞く。それがみるみる上昇し、今では中古の最安値で約165万円ほど。新品・未使用などだと270万円以上となっている。白は若干安い。程度の良い個体があれば、買っておくことをオススメする。

追記

2019年2月現在ですが、人気のブラックダイヤルが190万円~、ホワイトダイヤルが170万円~といった感じです。新品となると、300万円をオーバーしています。本当にデイトナの高騰は凄いですね。すでに”エルプリメロ”こと、”16520“が300万円ぐらいになっているので、数年後にはそれに近い価格になっている可能性もありますね。190万円で買える今、もしかしたらまだまだチャンスなのかもしれません!

スペック

ケース素材: ステンレススチール
ブレス素材: ステンレススチール
ブレスタイプ: オイスター
ベゼル: タキメーターベゼル
風防: サファイアクリスタル
ケース径: 40mm
ケース厚: 12.5mm
重量: 約145g
防水: 100m
ムーブメント: 自動巻き クロノメーター
キャリバー: Cal.4130
振動数: 28,800振動
パワーリザーブ: 72時間
製造期間: 2000年~2016年