ROLEX Day-Date Ref.18239BIC “Tridor”

オススメ度★★★★☆

「社長の時計」でお馴染みの”ロレックス・デイデイト”です。しかし今回取り上げたのは普通の”デイデイト”ではありません。基本的に”デイデイト”はステンレスを使わない、「ハイクラスシリーズ」であり高級素材のみを使用したモデルである。そしてこのモデルはブレスレットに特別仕様が施されている。
ロレゾール(コンビモデル)のように見えるこのブレスレット、実は「イエロー・ピンク・ホワイト」の3色のゴールドを使用した“トリドールブレスレット”を備えたモデルです。単色のイエローゴールド、ホワイトゴールド、プラチナ製のブレスは中空なのですが、”トリドール”のみ無垢の素材を特殊な技法で3色結合させた非常に手間のかかった豪華な仕様のブレスレットです。プラチナ製を除く単色モデルより重量が有り、見た目は“コンビモデル”ですが、最上位ランクのデイデイトですのでケースはホワイトゴールド製ケースにイエローゴールド製べゼルと高級貴金属のみで作られています。

 

将来性

このブレスレットは説明した通り、この”デイデイト”にしか制作されなかったものである。そして、後にも先にも製造されていません。これはレアなポイントであるが、いかんせん”デイデイト”というモデルであるが故、一気に価格が上昇するようなことは全くない。しかし、昨今のロレックス大ブームの勢いがスポーツモデルではないドレスラインのレアなところにまで触手を伸ばそうとしている。そんなことを考えると、まだそれほど騒がれていない。”デイデイト”というモデルが、並行店では元々定価を大きく割るモデルであるので、手の届く間に押さえるべき時なのかもしれない。

価格帯

古いモデルなので定価は記載しないが、実勢相場をみると100万円前後~となっており、普通に「買い」”デイデイト”だと思う。一見、「偽物」と思ってしまうような仕様であるが、こういった「奇抜で短命モデル」は、価格の上昇がアンティークのカテゴリーに入ってくると、跳ね上がることがしばしばる。そんな可能性を感じさせるモデルである。

スペック

ケース素材: 18Kホワイトゴールド
ブレス素材: 18Kホワイトゴールド
ブレスタイプ: プレジデント”トリドール”ブレス
ベゼル: フルーテッドベゼル
風防: サファイアクリスタル
ケース径: 36mm
ケース厚: 13mm
重量: 約150g
防水: 100m
ムーブメント: 自動巻き クロノメーター
キャリバー: Cal.3055, Cal.3155
振動数: 28,800振動
パワーリザーブ: 48時間
製造期間: 1988年~1990年代中期