ROLEX Datejust 41 Ref.126300

オススメ度★★★☆☆

ロレックスへの入り口、入門機として人気のあるモデルである。ロレックス正規店に行けば、ショーケースに必ずラインナップされている。そんな人気のモデルだけあり、いろいろとバリエーションを持っている。レディースの28mmサイズ~ボーイズサイズ、そしてこの41mmモデル。ベゼルもスッキリとしたスムースベゼル、ギザギザのフルーテッドベゼル、ブレスレットはオイスターブレス、ジュビリーブレス、などなど素材まで入れると相当なバリエーションを持つ人気モデルである。
そして今回紹介するのは、ステンレスモデルであるRef.126300である。2017年にモデルチェンジし登場した本機は、70時間のパワーリザーブを持ち、名前も「デイトジャストⅡ」から、「デイトジャスト41」へと変わっている。ここ最近のリストウォッチの人気が大型化しているのに伴い、41mmサイズを定番化している。日本人には若干大きく感じるサイズかもしれないが、欧米人にとってはこれくらいがまさにジャストサイズなのではないだろうか。何より、同じモデルでこれほどカラーバリエーションなどがあると、他の人と被りにくく、人気スポーツモデルのようなことがない。それも好みが分かれるところなのだが。しかし、定価よりも高く買う必要もなく、ロレックスが欲しくて好みのカラーリングがマッチングしやすいと言うことを加味して、オススメ度を星3つとしている。このモデルの特徴としては、日付は3時位置の小窓に表示され、1000分の数秒というわずかな時間で真夜中に瞬時に切り替わる。まさにこれが「デイトジャスト」である。

これにジュビリーブレスもあるので、バリエーションは多いモデルである

 

将来性

やはり綺麗な状態で長年保管してプレミアを狙うようなモデルではない。こういったモデルは、普段からガシガシ使ってOH(オーバーホール)の時期や、少し他のモデルが欲しくなった時に買い替えるといった使い方が良いのではないだろうか。基本的に、ビジネスシーンでも活躍するカラーリングが揃っているので、オン・オフ問わず日常使いできる無難なモデルである。

価格帯

定価756,000円。状態の良い中古なら、60万円辺りからある。新品にこだわらないのなら、いいのではないだろうか。その分、買取価格がそれほど期待できるものではないが、そこは天下のロレックス。他のブランドのように叩かれることも少ないだろう。

スペック

ケース素材 ステンレススチール
ブレス素材 ステンレススチール
ブレスタイプ オイスターブレス/ジュビリーブレス
ベゼル ポリッシュベゼル
風防 サファイアクリスタル
ケース径 41mm
ケース厚 12mm
重量 137g
防水 100m
ムーブメント 自動巻き クロノメーター
キャリバー Cal.3235
振動数 28,800振動
パワーリザーブ 70時間
製造期間 2017年~