ROLEX Cosmograph Daytona Ref.116595RBOW

オススメ度★★★★☆

意外と知られていなかもしれない。このデイトナは、ロレックス全ての現行モデルの中で一番儲かるモデルではないだろうか。写真を見て、「こんな派手な時計(デイトナ)は流石に着けて行くところがない」と思って眼中にない人が多いだろう。オサーンもそうである。このモデル、欲しいかと問われれば、「もう少し落ち着いたモデルが・・・」なんて答えてしまってもおかしくないだろう。しかし、このデイトナの実物を見たことがあるだろうか?
2012にラインナップされた旧型デイトナレインボー、Ref.116599RBOW(ホワイトゴールド)・Ref.116598RBOW(イエローゴールド)があるのはご存知の方も多いでしょう。この二つのモデルも実は相当早くディスコン(製造中止)している。ロレックスは使う素材に妥協は許さない。そうなれば、相当量のサファイアをグラデーションさせながら配置してつくるこのモデルは製造個数が相当限られるであろうことが予想できる。何度も言うようだが、「この手」のモデルは、派手過ぎて手を出しづらい。特に日本人には。しかしどうだろう?この「日本人には」というのがポイントである。海外の富豪達は煌びやかな宝飾品を好む人たちが多い。そんな富裕層の方達は欲しいのだ。
しかしながら、元々の製造本数が少ない上、早々にディスコンしてしまった。そして満を持して2018年バーゼルワールドで発表された今回のデイトナレインボー。ロレックスが特許を持っているエバーローズゴールドを使ったモデルで出てきた。しかし、「買う」とかのレベルではなく、「見ることができるのか」というぐらいの今回も製造数であろうと思う。

将来性

このモデルに関して言えることは、将来性しかない。変な言い方かもしれないが、長年保有しておけば、相当なプレミア価格となって売れるであろう。自分の現資産に余裕があれば、10年~の長期保有で売るのを考えるかもしれない。その方が大きく利益を得れるだろう。しかし、実際のオサーンの資産では、このモデルを定価で買うことができれば、即利益がでる買取価格が提示され、即売るだろう。しかも、満足のいく価格だと思う。将来性は抜群のモデルであり、現行での価値も相当高いモデルである。

価格帯

定価9,979,200円である。1000万円持って行って20,800円しかお釣りが帰ってこない・・・もう、庶民のオサーンには知人を誘って共同購入しかない。そうやって、利益を山分けするしかない価格である。でも利益を山分けするほどの利益が出るモデルなのである。見てみると、並行店の販売価格が3000万円を超えている。バケモノ価格である。恐らく買取は2000万円ぐらいではないかと予想される。ということは、だ。1000万円の投資で1000万円の利益がでるということである。最低でも、だ。
結論として、「正規店にあるこのモデルは、何が何でも買い!」である。

スペック

ケース素材 エバーローズゴールド・ダイヤモンド
ブレス素材 エバーローズゴールド
ブレスタイプ オイスターブレス
ベゼル 18ct エバーローズゴールド・ラグにダイヤモンド入り
風防 サファイアクリスタル
ケース径 40mm
防水 100m/330フィート防水
ムーブメント 自動巻き クロノメーター
キャリバー Cal.4130
リューズ スクリュー式、トリプロック(三重密閉構造)
パワーリザーブ 72時間
製造期間 2018年~