ROLEX Cosmograph Daytona Ref.116519LN

オススメ度★★★☆☆

2017年のバーゼルワールドで発表されたが、若干シードゥエラー Ref.126660に注目が集まっていたのもあり、それほど騒がれることはなかった。しかし、この「パンダ仕様」のデイトナはやはり格好いい。Ref.6263に似ているのも、もしかしたら復刻的な意味合いで作っているのかとも思う。このRef.116519LNは、レザーストラップからオイスターフレックス(ラバーベルト)になったことで、耐水面では格段に良くなり、よりスポーティーになった。ターゲットが、若年層まで広がった感じがする。そして黒のセラクロムベゼルになったことで、傷に強く、ベゼルとダイアルカラーのコントラストがしっかりとあるので、全体的な締りが出ている。

Ref.6263とそっくりなのも、人気の要因なのだろう

2017年には、同じデイトナでも「イエローゴールド×オイスターフレックス」“Ref.116518LN”というのがある。実はこちらも人気モデルとなっている。セラクロムベゼル搭載のデイトナは、全てが人気と言ってもいいですね。ダイアルも、みんな大好き「パンダ」です。他に、“Ref.116515LN”という「エバーローズゴールド×オイスターフレックス」も発売されている。しかしこの“Ref.116515LN”は、元々レザーストラップで販売されていたのだが、ベルトがラバーベルトへと変更になったのが2017年ということである。どの「金無垢×ラバー」のモデルを見ても、出来が素晴らしい。
ただ、全体的に落ち着いた印象があるのが、この“Ref.116519LN”の「スチール&ブラック」ダイアルでしょう。このカラーリングだと仕事でも問題なく使えると思う。

 

将来性

実際のところ、この金無垢モデルが将来的に価格上昇というのはあまり考えにくい。しかし過去のモデルを見ると、可能性がないわけではない。あの派手だったデイトナビーチは、価格が上がってきている。しかもラバーベルトは、レザーストラップに比べると、交換が簡単である。デイトナビーチは、使ってしまうと傷んでしまったときに交換できるベルトを見つけるのは、ほぼ不可能であろう。そんなことを考えると、おのオイスターフレックスは「アリ」だろう。
もしかしたら、Ref.116518LN(イエローゴールド)と、このRef.116519LN(ホワイトゴールド)2本揃っていたら、高値になったりするかも・・・などと考えている。

Ref.116518LN / Ref.116515N / Ref116519LN 3色コンプリートしたいなぁ

 

価格帯

定価 2,959,200円。今までの流れでは、ステンレススティールモデルではないモノは、定価を割って購入可能であった。それが今は違う。セラクロムベゼルを搭載してからのゴールドモデルは人気がある。中古市場でも、2018年9月現在で330万円~となっている。なかなか手が出しづらいのだが、デザインがやはり格好いい。しかもオイスターフレックスというラバーベルトはスポーティーさを醸し出している。今の値段では手が出せないが、2017年から出たモデルなので、少し落ち着いてくるだろう。200万円台半ば辺りなら、考える余地もありそうだ(オサーンにはムリだが・・・)。来年ぐらいに値段が落ち着いて250万円あたりにならないかなぁ。
海外オークションサイトの価格をみてみると、日本の価格と比較しても、それほどの差はなさいそうである。

 

ebayで価格をみてみよう

スペック

ケース素材 ホワイトゴールド
ブレス素材 ラバー
ブレスタイプ ラバーブレス
ベゼル タキメーター
風防 サファイアクリスタル
ケース径 40mm
ケース厚 12.5mm
防水 100m
ムーブメント 自動巻き クロノメーター
キャリバー Cal.4130
振動数 28,800振動
パワーリザーブ 72時間
製造期間 2017年~