バーゼルワールド2019  予想してみたPart4

ちょっとビックリしたので、思わずバーゼルワールドについて書いてみたいと思います。あまり忙しくて、なかなかチェックしてませんでしたが、ロレックスの公式インスタグラムをチェックしている人って、結構いるんのではないでしょうか?そんな方はすでにご存じかと思います。オサーンは恥かしながら、4日前くらいに知りました。やはりこの時期はチェックが必須でね。

で前置きはこの辺りにして、まずはこの画像をご覧ください。

これが、2019年1月末日現在の最新投稿となっています。下から上にかけて新しい投稿です。そうすると、何やらここ最近になって急激にアップロードされているモデルがありますね。オレンジのイナズマ針・・・これって”ミルガウス Ref.116400GV Zブルー”ですよね。何なんでしょう、この”Zブルー”推しは。確かに綺麗なモデルであり、他にはない色使い。もしかしたら、将来性という面では相当可能性を秘めているかもしれないと感じさせます。唯一無二なのに、人気がない。それは、将来的・爆発的プレミアの大きなファクターですよね。ロレックスが推してくるのも納得です。2007年にデビューした現行モデルの”ミルガウス“。早々と製造中止となった”Ref.116400”に次いで、この”GV”も製造中止を匂わせています・・・ん?いや、待てよ・・・画像を拡大してみます。

この赤で囲んだモデルは??これって1956年から約4年間製造され、当時は人気もなく消えた幻のモデル、そう”Ref.6541 1stミルガウス“です。何で急にこんな古いモデルが掲載されるのかと不思議に思いました。これって動画なのでポチッと再生してみました。

これ、答えなんじゃないですか?この不人気で世に出回ることが極わずかだったモデルが復刻の匂いをプンプンさせてます。オークションで1stミルガウスが1000万オーバーになっています。そういえば、2016年に新型デイトナが発表されたときに感じたことがありました。それは、超人気プレミアモデルの「ポールニューマン」にデザインを寄せてきたという印象でした。ロレックスは、過去の名機や現在に於いてプレミア化しているモデルをしっかりとデザインに組み込んでくるいい意味で「あざとい」戦略を練ってきます。いやこれ、勝手な予想ですので確定でもなんでもないんですが・・・出るんじゃないですか?

と言うことは、今回の新作の目玉なのかなぁ?ミルガウスが目玉モデルとなるのはちょっとスポロレファンとしては残念な部分も正直言ってありますが、この回転ベゼル付きの復刻版がでれば、たちまち人気となるでしょう。ロレックスを探す人たちは、ステンレスモデルを求めています。

あ~、もう待ち遠しいですねぇ。