バーゼルワールド ロレックスの10年 ー2011年~2013年ー

バーゼルワールドで発表されたロレックスの過去10年の代表的な人気モデルと、その年代で起こった出来事などを見て行こうという企画の第二弾、2011年~2013年を見てみたいと思います。では、さっそくスタートしましょう!


2011年

オイスター パーペチュアル エクスプローラーII
Ref.216570

初代モデルから40年を迎えた2011年、「オイスター パーペチュアル エクスプローラーII(OYSTER PERPETUAL EXPLORER II)」はムーブメントやケース等の性能を大幅に向上させて登場。主な改良点は従来より2mmサイズアップし42mmとなったケース径、同社独自の技術による耐震機構「パラフレックス」ショック・アブソーバと高い耐磁性能を持つ「パラクロム・ヘアスプリング」を装備する自社ムーブメント、Cal.3187の搭載などである。なお、オレンジ色の24時間針は1971年の初代モデルのデザインより採用されたもの。またインデックスと大型化した時分針はホワイトゴールド製で、ダイアルは長時間の青色発光が可能なクロマライトになっている。

オイスター パーペチュアル コスモグラフ デイトナ
Ref.116515LN 

耐磁性に優れ、従来の約10倍の耐衝撃性能を持つ「パラクロム・ヘアスプリング」や秒針停止機構など、耐久性と精度が大幅に向上。2011年の新作は、微量のプラチナを含有させることで美しい色味が長く保たれるエバーローズゴールド・ケースと、ブラックセラクロム(セラミック)ベゼルのコンビネーション・モデル。精悍なクロノグラフに優美な外装と、最高級のクロノグラフに仕上がった。

その他のスポーツモデルとして、オイスター パーペチュアル ヨットマスターII Ref.116681 が発表された。これは、コンビモデルであり、人気という面では若干落ちてしまう。

  • 流行語:「なでしこジャパン」
  • 年度代表馬:オルフェーヴル / ダービー馬:オルフェーヴル
  • 出来事:W杯女子サッカー優勝 ・東日本大震災
  • 訃報:スティーブ・ジョブズ(Apple創業者) / 金正日(北朝鮮労働党委員長)

2012年

オイスター パーペチュアル スカイドゥエラー
Ref.326939

2007年の「ヨットマスターII」以来、実に5年ぶりとなるまったく新しいモデルが「オイスター パーペチュアル スカイドゥエラー」である。これは新規開発の自社ムーブメントを搭載した、アニュアルカレンダー付デュアルタイム・ウォッチという点で、実にエポックメイキングな存在である。アニュアルカレンダーといえば、一年を通して大の月と小の月のカレンダーの切り替えを自動的に行い、唯一の手動調整は年に一度の3月1日のみというセミ・コンプリケーション。この複雑機能をほぼ直感的な操作により設定可能とした当モデルは、実用性を極めるロレックスの、コンプリケーションに対するひとつの回答といえよう。なお、このシステムを実現するために新たに開発されたのがCal.9001。ロレックスによる完全新規開発のムーブメントは、2007年の「ヨットマスターII」(Cal.4160)以来である。当モデルの名称が「空の居住者」を意味することから、異なるタイムゾーンを行き交うジェットセッターをイメージするが、機能面・操作面においてはロレックスらしい「実用本位」主義が貫かれている。

オイスター パーペチュアル サブマリーナー
Ref.114060

続いて不動の人気を誇る「サブマリーナ」から、2012年はセラクロムベゼルを装備した新モデルを発表。仕様は2008年より着手された「サブマリーナ・デイト」に準じた改良が成されている。主な改良点だが、まず新しくデザインされた40mm径のケースは、海水・硫酸・塩酸等によって発生する腐食に強い耐性を持つ904Lステンレススティールを採用。リューズはねじ込み式トリプロック、また逆回転防止ベゼルには耐傷性・褪色性・耐蝕性に優れるセラクロム(セラミック素材)を採用し、インデックスと時分針は長時間発光のクロマライト、さらにブレスレットには2mm単位で最大20mmまでの延長を可能にしたグライドロックを採用している。一方のムーブメントは、磁気の影響を受けにくく、耐衝撃性に優れるパラクロム・ヘアスプリングを搭載した自社開発・製造のCal.3130。内装・外装ともに最強のスペックを誇るダイバーズである。

オイスター パーペチュアル ヨットマスター
Ref.116622 

サテン仕上げの地にくっきりと浮かび上がるポリッシュされたタイムスケールを持つベゼルの素材はプラチナ製。総計120個のノッチが刻まれたリングとトリゴナル・スプリングにより、両方向へよりスムースで確実な回転を実現した。これによりベゼルの操作性が向上し、ヨットレース中の経過時間の計測等にも素早く対応することが可能となった。 ダイアルのインデックスと時分針は、長時間の発光と視認性に優れるクロマライトを採用。また直径40mmのケースは904Lステンレススティールと950プラチナを採用したコンビネーション、ねじ込み式リューズはロレックス独自の防水技術トリプロック、ブレスレットには約5mm延長が可能なイージーリンクシステムを装備する。

  • 流行語:「ワイルドだろぉ」(スギちゃん)
  • 年度代表馬:ジェンティルドンナ / ダービー馬:ディープブリランテ
  • 出来事:ロンドンオリンピック(内村航平・吉田沙保里らが金メダル獲得)
  • 訃報:ホイットニー・ヒューストン(米歌手) / ニール・アームストロング(宇宙飛行士)

この年は、”大人気モデル”の新作はでなかったまでも、ロレックス初の複雑機構を持つスカイドゥエラーとサブマリーナ・ノンデイトなど、ロレックスファンも納得の新作発表だったのではないだろうか。


2013年

オイスター パーペチュアル GMTマスターII 
Ref.116710BLNR

今回のSSモデルによる新作は、セラクロムベゼル誕生来初のブルー&ブラックの2色の採用が最大の特徴。ブルー(昼間)とブラック(夜間)にベゼルを色分けすることで昼夜の区分を明確にしたという点は、パイロット達の支持を受けた55年の初代モデルを彷彿とさせる。その意味において、この新作は初代GMTマスターの流れを引き継ぐ正統派モデルといえよう。なお、ベゼルは傷が付きにくく耐蝕性に優れるセラクロム(セラミック製)ベゼル、このほかパラクロム・ヘアスプリング搭載のムーブメントCal.3186等、スペックは2005年の発表当時の内容を継続している。

オイスター パーペチュアル ヨットマスターII
Ref.116680

レガッタ用として開発されたのが、2007年に発表された「オイスター パーペチュアル ヨットマスターII(OYSTER PERPETUAL YACHT-MASTER II)」である。洋上に設定されたイマジナリー・スタートラインをベスト・タイミングで通過するために、回転ベゼルとリューズを可動させるだけで1~10分間のカウントダウンの設定・ロックを可能にした“リングコマンドベゼル”が最大の特徴である。カウントダウン機能部分の部品を改良しメンテナンスの効率化を目指したCal.4161を搭載。 なお、セラクロム製ベゼル、トリプロックシステム、パラクロム・ヘアスプリング、5mm延長可能なイージーリンクブレスレットといった主要スペックがすべて搭載されている。

オイスター パーペチュアル コスモグラフ デイトナ
Ref.116506

2013年の裏の目玉といっていいモデルが、初のプラチナ製となるデイトナである。新作の特徴は、プラチナモデルにのみ採用され非常にクールな印象を与えるアイスブルー・ダイアルと、温かみのあるチェスナット色の“セラクロム”ベゼルにある。またリューズは三重防水システムの“トリプロック”、ダイアル・インデックスには“クロマライト”を採用。さらにムーブメントには、2000年発表の新世代モデル以降採用されている、独自の合金によるパラクロム・ヘアスプリング(標準の10倍の耐衝撃性を実現)装備のCal.4130を搭載。このような外装・機械部すべてにおける完全装備で、極めて高い完成度を誇るのが「コスモグラフ デイトナ」2013年新モデルである。

  • 流行語:「今でしょ!」(林修) /「お・も・て・な・し」(滝川クリステル) /「じぇじぇじぇ」(能年玲奈) /「倍返し」堺雅人
  • 年度代表馬:ロードカナロア / ダービー馬:キズナ
  • 出来事:田中将大(楽天イーグルス)が連続勝利投手プロ野球記録樹立 / 王将社長射殺事件
  • 訃報:ネルソン・マンデラ(南アフリカ大統領) / 桜塚やっくん(タレント)

2011年~2013年のバーゼルワールドでのロレックス新作発表は、なかなか濃い内容であった。ステンレスモデルではないが大人気のデイトナが2種類、ロレックス初となる複雑機構を搭載したスカイドゥエラーなどは、高級スポーティ路線を拡大させた。

次回は2014年~現在までのハイライトとなります。

 

 

テキストのコピーはできません。