ORIS Carysfort Reef Limited Edition Ref.01 798 7754 6185

オススメ度★★☆☆☆

オリスポール・カッティンジョージ・クリスチャンによってスイス・ヘルシュタインで創設されました。 彼らはすで閉鎖していたLohner&Coの時計工場を買い取り 、1904年6月1日にその地方の市長と契約を結びました。 彼らは近くを流れる小川にちなんで社名を「オリス」と命名したそうです。

昔から名前は聞いたり、デパートで見かけたりしていましたが、歴史の古いブランドなんですね。そして、海洋保護に力を入れているというブランドのようです。

2019年には、グレートバリアリーフ リミテッドエディションIII」という”非営利団体・グレートバリアリーフ・サンゴ礁保護基金” との共同開発によりリリースされたモデルがあります。

これも美しいモデルですね。人気のダイバーズウォッチ、「AQUIS(アクイス)」をベースとしています。

そして2020年は、今回紹介するこの「カリスフォートリーフ リミテッドエディション」を発表。ダイバーズモデルながら、GMT機能も搭載しています。

オリスは、カリスフォートリーフリミテッドエディションで海洋保護プロジェクトを継続しています。 この限定ウォッチはGMT機能を備え、フロリダのサンゴ復元財団(Coral Restoration Foundation)と協力し、これまでに植えられた30万個のサンゴに因んで作られました。

とあります。どうですか?純粋に、綺麗な時計ですよね。ケースも18Kイエローゴールドで、ダイヤルベゼルブルーとのカラーマッチングが、素敵だと感じました。

将来性

大化け」は期待できませんが、オリスというブランドが好きだったり、そのデザイン・美しさに一目ぼれしたなら狙ってみてはどうかと思います。限定モデルとなりますので、実際のところ、購入にはハードルが高いかも知れません。

その限定数、僅かに”50本“です。しかもオリスは、この非営利団体への寄付を目的としたオークションに、シリアル「02/50・03/50・04/50」の3本を この春のイベントで出品するそうなので、販売されるのは実質、47本ということなのでしょう。

価格帯

定価 2,310,000円 です。どうしても18Kイエローゴールドを使っていると、これぐらいの価格になるのは致し方ないところではありますね。

スペック

ケース

  • 素材:マルチピース18Kイエローゴールドケース、セラミックGMTスケールのトップリング
  • サイズ:43.50 mm, 1.713 インチ
  • 風防:サファイア、両面ドームシェイプ、内面無反射コーティング
  • ケースバック:18K yellow gold, screwed, sapphire glass with special printings
  • 操作部分:18Kイエローゴールド、ねじ込み式リューズ
  • 防水性:30 気圧
  • ケース接続部のベルト幅:24 mm

ムーブメント

  • ナンバー:Oris 798, SW 330-1ベース
  • サイズ:直径25.60mm、11 1/2リーニュ
  • 機能:センター時分秒針、ポインターデイト表示、クイックデイトチェンジ、デイトコレクター、ファインアジャストメント、ストップセコンド
  • 巻上げ:自動巻、レッドローターによる両方向巻上げ
  • パワーリザーブ:42時間
  • 振動数:28,800振動、4 Hz
  • 石数:25

ダイヤル

  • 素材:ブルー ダイヤル
  • 蛍光素材:スーパールミノバ加工(BG W9)を施したインデックス、ハンズ

ストラップ

  • 素材:ダークブルーレザーストラップ、18Kイエローゴールドバックル

その他

  • 高級木製BOX、限定50本

テキストのコピーはできません。