KITH x G-Shock GM6900 Rose Gold

1995年に発売した「6900」という3つのスモールカウンターを持つモデルがシリーズの生誕25周年を記念し、「KITH」とパートナーシップを組んだスペシャルコラボモデルが発売されました。

発売当時は、「こんな大きい無骨なモデルを誰が買う?」と言っていた人も多くいました。それが今や、人気モデルです。

ニューヨークのセレクトショップ「キス(KITH)」と同名のオリジナルブランドを手掛けるデザイナー、ロニー・ファイグ(Ronnie Fieg)は13歳の時にスニーカーショップ、デイビッドZ(DAVID Z)のストックルームからキャリアをスタートした苦労者。ナイキモンクレールなどとのコラボをするまでになりました。

KITH x MONCLER

そして今回は、日本が誇るタフネスデジタル時計である G-SHOCK とのコラボを2020年2月に発売。またたく間にソールドアウトとなりました。

機械式時計を愛されてる方は、「カシオの時計は電化製品」という人も多いですが(間違いではないと思いますが)、G-SHOCK というもはや一つのジャンルをカシオは築いたと言っても過言ではありません。性能と機能面、そして何よりありとあらゆる使用環境に適応する丈夫さは、機械式時計では不可能な領域をもカバーします。それは本当に素晴らしい、日本が誇るメーカーです。

ブラックホワイトの2カラーが付属する樹脂ベルトや金具部分にも「KITH」ロゴが散りばめられたスペシャル仕様に。液晶と文字板を組み合わせたトリグラフダイアルを継承。フェイスプレートにメタリック加工を施し、メタル外装と調和するデザインに仕上げています。

とりあえず発売まもなく完売しています。6900シリーズ25周年を迎え、初めてメタル素材を取り入れたハイブリッドモデル。それは今流行のローズゴールドに彩られ、高級感すら漂っています。

価格は、380ドル ≒ 42,000円 です。この価格で買えたら、超ラッキーですね。

一応、このコラボモデルではありませんが、25周年でノーマルメタルベゼルも登場しています。

シンプルでこちらもカッコイイですね。こちらは23,000円(税抜き)です。

スペック

  • 無機ガラス
  • 耐衝撃構造(ショックレジスト)
  • 20気圧防水
  • ケース・ベゼル材質: 樹脂/ステンレススチール
  • 樹脂バンド
  • ストップウオッチ(1/100秒(00’00″00~59’59″99)/1秒(1:00’00″~23:59’59″)、24時間計、スプリット付き)
  • タイマー(セット単位:1秒、最大セット:24時間、1秒単位で計測、オートリピート)
  • マルチアラーム・時報
  • フルオートカレンダー
  • 12/24時間制表示切替
  • ELバックライト(残照機能付き)
  • 報音フラッシュ機能(アラーム/時報/タイマー連動発光)
  • 精度:平均月差±15秒
  • 電池寿命:約2年
  • EL:ブルーグリーン
  • ケースサイズ (H×W×D): 53.9×49.7×18.6mm
  • 質量: 96g

テキストのコピーはできません。