ネットで見つけたレアな時計 Part.3

投資と同じなんですよね、製造中止の時計を買うことって。お金が潤沢にあるのなら相場なんて関係ないのだが、大半の人は一番気にするところだと思います。

だが、そうも言ってられないモノもあるのですよ!みなさんご存知かとは思いますが、今現在、ロレックスを正規店購入すると販売員さんがする行動。それは、商品の取り扱い説明や保証期間の話、それと・・・時計各箇所に着けれれている保護シールを剥がすことです。この意味するところは、日本の正規店購入した個体は、新品状態での保管ができないということです。たとえコマ調整をしていなくても、たとえ一度も装着していなくても、保護シールのない個体は新品ではなく未使用品なのです。これが日本ロレックスから各正規代理店に販売方法(ルール)として義務付けているのである。

しかし、海外の代理店ではそこまで厳しくルールがないらしい。保護シール・ベゼルカバー・プライスタグ・輸送用プラスティックケースまでも付けてもらえることがあります。そんな状態の個体が見つけられるインターネットは、コレクターにはヨダレモノです。

左:ベゼルカバー 右上:プライスタグ 右下:保護シール付きブレスレット

ロレックスの正規代理店へは、こんな状態で入荷するそうです。↓

発砲スチロールが入った棺桶状態です

とまぁ、新品として重要なのは保護シールが貼ってある状態の傷なし(もちろん付属品あり)がマストアイテムとなります。


デイトナ Ref.116520 保護シール付き新品 

デイトナ Ref.116520 保護シール付き新品

個体数の多い先代のデイトナRef.116520ですが、新品保護シール付きです。こちらは海外オークションサイトですが、今でも日本の並行店で見つけることが時々あります。ここで重要なのが、最終生産モデルを狙うことです。シリアルでの生産時期がランダムシリアルになって以来、判別できなくなったが、このモデルは製造中止直前に、バックル部分が梨地仕上げから鏡面仕上げになっています。

まとめると、デイトナRef.116520は、鏡面バックル保護シール付きが狙い目かと思います。320万円ぐらいなら”買い”だと思います。

※リンク切れの場合がありますのでご了承ください


サブマリーナ Ref.16610LV Y番 FAT4

サブマリーナ Ref.16610LV Y番 FAT4

既に価格が高騰しているので、手が出しにくくなっている先代モデルの「グリーンサブ」です。探せば100万円オーバーぐらいでまだ見つけることができるのだが、やっかいなことにRef.16610LVには、レアポイントがいつくもある。そして今回紹介する個体は、数少ない2003年製造のシリアルがY番です。製造時期が最終マイナーチェンジ個体が取り沙汰されるロレックスにおいて、珍しくこれは初期生産個体に人気が集中している。そしてベゼルの”40“の”4“の形が「ファット4」もしくは「フラット4」と呼ばれるレアポイントも備えており、さらに、ダイヤル6時位置にプリントされている”SWISS MADE“の字間が広くなっている「ワイドスイス」もしくは「ビッグスイス」と呼ばれているポイントも入っている。この出品個体は、ボックス・ギャランティ・ノベルティグッズなど付属品も完璧に揃っています。300万円オーバーではあるが、恐らく長期目線での投資なら買って損はないだろう。オサーンは今の現金がないのでムリです。

※リンク切れの場合がありますのでご了承ください


どうでしょう?今回紹介した2つの個体はいづれも今後、この価格よりも上昇必死です。それを買えないもどかしさ、今持っているロレックスを生贄にして今欲しい個体を買うお金の回し方もロレックス投資の楽しみの一つでもあります。何でもかんでも悩まず買える人は羨ましいんだけど、この必死に買えそうで買えないときのもどかしさを抱えるのも、一つの楽しみなのです。

あと、海外で欲しい個体があっても、カードの利用額が足りなくて指をくわえているだけもつらいです…