時計の保管方法 ワインディングマシーン Part.1

高級時計を何本も持っていると、保管方法に迷う場合があります。購入当時の箱にしまっている方々がほとんどだと思いますが、せっかく買った自慢の時計、ビジュアル的にインテリアとておくのも良いんではないでしょうか。
今回は自動巻き時計を自動的に巻いてくれる機械である”ワインディング・マシーン“を紹介したいと思います。


このワインディングマシーン、今一番欲しいんです。なぜかというと、4本の時計を同時に巻き上げできるだけでなく、ケース内に別途6本の時計を収納できるコンパクト、かつ機能的なマシーンなんです。しかも1万円ちょっと。知り合いが来た時に時計コレクションを自慢するときには、凄く映えます。


「 いやいや、俺は6本巻いておきたいんだよ」という人、コレクションしている時計が10本以上あるって方にはこれはどうでしょう。6本同時巻きは結構迫力あります。ベッドサイドや書斎に置いておくと部屋の雰囲気が変わりますね。こちらも6本同時巻きに加え、他に9本保管できるようになっています。数の多い人には必需品です。約2万円で買えるとなると、ありがたいですね。


こちらは8本同時巻き上げ可能なタイプです。価格が約3万円とそこそこしますが、他のショップを見ている同じのが5万円以上していたりと、価格にバラツキがあります。 8本同時巻き上げ+12本=20本収納可能です。実はコレクターなら、これぐらいの収納能力が必要だったりします。よね?


そんなに数多く時計を持ってない人や、お気に入りだけの少数精鋭をワインディングマシーンにセットしたい人は、 こんなのでもいいですね。2本同時巻き上げ+3本収納=5本用ケースです。価格も1万円以下でお手頃です。


ビジュアルにこだわる人なら、こんなちょっとシックな黒を基調とした部屋に似合いそうなタイプはどうでしょうか。静穏タイプ、4本同時巻き上げタイプです。 カーボン調で、格好いいです。


2本巻き上げタイプです。価格も手頃で、ビジュアル的にもオススメできます。何と言っても、モーターが信頼できるマブチなので、超オススメです。


お気に入りの1本、「浮気なんてしない。俺はこの時計一筋なんだ」 って人にはこちらの1本巻き上げタイプ。こちらもモーターがマブチですので、安心ですね。この近未来的なクリアケースに入っているお気に入りを見ていると、時計なのに時間を忘れそうですね。


オサーンもワインディングマシーンを一つ持っておりまして、一番愛用している時計をセットしております。持ってない方は保管方法としてご一考されてはどうでしょう?パッと付けた時に時間が合っていると、急いでいるときなどは助かりますよ。

※商品が完売の場合、リンク切れしている場合がございますのでご了承ください。