ZENITH クロノマスター ヨシダ スペシャル エディション

日本の時計小売業者として有名なYOSHIDAパテック フィリップオーデマ ピゲウブロなど幅広いブランドを取り扱っている。私も時々、寄せてもらってはいるが、なかなか購入には至ることがない。

そんなYOSHIDAは、取り扱っているブランドとの信頼も厚いのだろう。オーデマ ピゲ2019年2020年に、日本限定モデルYOSHIDA スペシャルを作っている。

AP ロイヤルオーク エクストラシン “Yoshida” Ref.15206PT / 15207OR

さて、YOSHIDA 東京本店 では様々なブランドを取り扱っているが、その中でもゼニスが今回、ヨシダスペシャルを作ることとなった。実は2019年ゼニスYOSHIDAとコラボモデルである「デファイ ゼロG YOSHIDA スペシャルエディション」を10本限定で発表している。

デファイ ZERO G ヨシダ スペシャル エディション

普通はあまりコラボモデルを作らないところに作らせるところがさすがヨシダさん。恐れ入ります。そして今回はとうとうクロノマスター スポーツコレクション初リテイラー世界限定モデル4型発売というヨシダさんの力を見せつけるモデルが登場することになりました。それがこちら!

クロノマスター スポーツ エル・プリメロ ヨシダ スペシャル エディション です。テッパンの恰好良さです。これ、もうロレックス デイトナ アレやな、アレ。でも欲しいッ!

2021年ゼニスは新作で発表したクロノマスター スポーツ エル・プリメロは登場と同時に大きな注目を集め、色々と話題になりました。

この時でさえも、アレと似ていると言われた。僕からしたら、「だから?」って感じですが、今回のヨシダ スペシャルはこちらに(挑戦的に)投げかけている感じがする。

「君たち、これが好きなんだろ?」と。

まずはこの2本のステンレスモデルRef. 03.3102.3600.02.M3100(画像左)Ref. 03.3101.3600.21.M3100(画像右)。価格も1,369,500円 (税込)とアレとほぼ同じ価格です。正直に言おう、

「俺はアレよりコレが好き」

1/10秒単位の計測が可能なエル・プリメロ 3600 ムーブメントは、やはり魅力的。その高機能を使うか使わないなんて関係ない。そんなこと言ったら、R○LEXのヨット○スターII着けて、レガッタしてる奴見たことねーし!

でも、高性能に憧れるんですよ。またそれとは相反して、超絶シンプルなモデルにも魅了はされます。

そしてこちらは Ref. 116519LN 65.3102.3600.21.C925Ref. 65.3101.3600.21.C925 です。

前者(画像左)は、ホワイトゴールドケースブラックセラミックベゼルシルバーダイヤルで価格は2,978,800 円(税込)。後者(画像右)は、ホワイトゴールドケースホワイトゴールドベゼルインダイヤルシルバー × ブラックダイヤルで価格は3,212,000円 (税込)です。

これは好みですが、前者の方が人気かも知れません。SSモデルにせよWGモデルにせよ、かなり熱い所にブッこんで来たな、という印象です。恐らく海外のゼニスファン

「羨ましすぎるぜ、ベイベ!」

と雄叫んでいるに違いありません。それぐらいレアなモデルです。

ケースサイズ 41mm
防水 10気圧
ムーブメント エル・プリメロ 3600
振動数 36,000振動/h(5 Hz)
パワーリザーブ 約60 時間
アワーマーカー
  • ロジウムプレート加工
  • ファセットカット
  • スーパールミノーバ SLN C1 塗布
  • ロジウムプレート加工
  • ファセットカット
  • スーパールミノーバ SLN C1 塗布
ケース素材
  • ステンレススチール
    (03.3102.3600.02.M3100/03.3101.3600.21.M3100)
  • ホワイトゴールド
    (65.3102.3600.21.C925/65.3101.3600.21.C925)
機能 1/10 秒クロノグラフ
– センター クロノグラフ針は 10 秒で 1 回転
– 6 時位置に 60 分カウンター
– 3 時位置に 60 秒カウンター
中央に時針と分針
9 時位置にスモールセコンド
4 時半位置に日付表示
価格(ステンレスモデル) ¥1,369,500 (税込)
価格(ホワイトゴールドモデル) ¥2,978,800 (税込)-セラミックベゼル
¥3,212,000 (税込)-ホワイトゴールドベゼル
限定 各50本(ステンレスモデル)
10本(ホワイトゴールド×セラミックベゼル)
15本(ホワイトゴールド×ホワイトゴールドベゼル)