GMTをマスターしよう!

ロレックスの大人気モデルでもお馴染みの「GMT機能」。実際に使っている人って、1割も満たないんじゃないでしょうか?というよりも、GMT機能付き時計ができることを知らないどころか、サブマリーナのような潜水時計と思っている人もいるとかいないとか。
そもそも”GMT“とはなんぞや?という人も多いと思います。まずはそこからなんですが、”GMT“とは、”Greenwich Mean Time”の略で、時計用語ではなく、1884年の国際子午線会議で始まり、その後普及に至った世界の時刻表示の統一規格です。簡単にいうと、「経度が15度ずれれば、時刻が1時間ずれる」というものが基本的な考え方ですが、この基準となる位置をイギリスのグリニッジ天文台にしました。例えば、イギリスが基準時の「±0時間」になりますので、経度+135度にある日本は15で割って「+9時間」となります。そのため、もしイギリス時間が1時だとすると、日本時間は「+9」をして10時ということになりますね。
そして時計で言う”GMT機能“とは、今いる自分の国の時間を表示させながら、第二の地域の時間も表示させることができる機能です。モデルによっては、第三の地域の時間も表示させることができます。日本語で「時差」と言うとおり、時間帯の違う地域の時間との違いは「×」だけであり、「〇〇分」の部分は同じです。ということは、「時・分・秒」の3つの針の他、他の地域用の「時針」があればいいだけとなります。その針が、「GMT針」と呼ばれています。

では実際にやってみましょう!


基本的な操作

・リューズを1段引くと時針のみが単独で動きます。

・リューズを2段引くと、時針・分針・GMT針の全てが連動して動く

この2点を覚えておきましょう。

2カ国の時間設定

①回転ベゼルを動かす

回転ベゼルの▽を12時位置にセットする(ほとんどの人が基本的にその位置だと思いますが)

②第二地域の時間にGMT針を合わす

結構面倒だがリューズを2段引きして分針を回し、連動するGMT針が回転ベゼルの表示する時間に合わす。例えば第二地域の時間が午前10時なら、画像の位置(ベゼルの10の位置)にGMT針(オレンジ針)が来るようにセットする。

③日本(メイン)地域の時間に合わせる

リューズを1段引きで、時針のみを動かして、日本(メイン地域)の時刻に合わせる。

そうすることによって普段使う時計として見ると現在の時間ですが、GMT針を時針として読めば第二地域の時間を知ることができます。さらに、ロレックスで言うと”GMTマスター2“など、現在出回っているGMT機能付きモデルでは、第三の地域まで表示可能となっています。これは、「必要か不必要か」という問題ではなく、飲み屋でウンチクを語るためには必須です(笑)。

3か国の時間設定

第三地域の時間の見方です。
設定したい時間がホームタイムよりも遅れていれば、遅れている分だけ回転ベゼルを「」に回します。進んでいれば、進んでいる分だけ「」に回すのです。そうすれば、読み取り目盛りの位置が変わります。この「回す時間」というのは、下の画像で説明します。

例えば日本とニューヨークの時差が14時間あり、NYの方が14時間遅れています。ということは、14時間分ベゼルを動かしたいのですが、矢印の「14」に「▽マーカー」を持っていくということです。こうすることによって今までGMT針が示していた回転ベゼルから読む時間が「午前10時」だったのに対し、「午後8時」を指していることとなります。

3か国目の時間まで必要とされる人ってそれほどいないかと思いますが、知っていた方がその時計も喜んでくれると思います。そして飲み屋でもモテまくりです。恐るべしGMT機能付き時計ですね。

これを知ったあなた、飛行機の予約を取って世界へ旅立ちましょう。