ジュネーブサロン -SIHH 2019- Part.3 ヴァシュロン コンスタンタン編

雲上ブランドって失礼な言い方かも知れないが、ロレックスオメガなど庶民が思う高級時計ブランドとはホント、ランクが一気に上がります。好き嫌いとは別問題であり、ブランドが持つ””の違いを肌で感じます。それはその時計だけではなく、店舗であったり店員さんであったりが全く違う。と、オサーンは思います。
そんな世界3大時計の一角を担うブランド、”ヴァシュロン・コンスタンタン”の新作が2019年1月の「ジュネーブ・サロン(SIHH)」で発表されました。今回のSIHHが「さすが!」と思うか「う~ん、残念」と思うかはそれぞれでしょうが、オサーンは純粋に感心しました。
それではさっそくオサーンの独断と偏見で紹介していきたいと思います。

この”ロイヤルブルー”が目を惹きます!そして出ました、泣く子も黙る”トゥールビヨン”が搭載されたモデルが誕生しました。知ってる方も多いとは思いますが、”トゥールビヨン”とは、天才時計師「ブレゲ」が発明した構造であり、「機械式時計において、内部の一部の構造全体を回転させることにより、姿勢差による系統的なズレをキャンセルし克服する機構ないしそれを採用した時計」ということでかみ砕いていうと、時計の向きなどは一定ではないので、色んな方向へ重力が掛かる。その重力の影響で時間の誤差が発生する。その誤差をこの”トゥールビヨン”という機構が軽減させるのである。今では中国などでこの”トゥールビヨン”を搭載した時計が10万円台で販売されたりしてきていますが、基本的に高級ブランドで搭載されていると1000万円オーバーは不思議ではない。
今回は”ヴァシュロン・コンスタンタン”で一番人気(オサーンが勝手に思っている)であるモデル、「オーヴァーシーズ」で初めて搭載されたということで、注目している。もちろん大好評の、自分で簡単にブレスレット交換ができる仕様になっている。

これぞ「トゥールビヨン」ですね。機能だけではなく、見た目も美しく作れる技術が流石、雲上ブランドですね。

裏スケです。このムーブメントの動きを見ているだけで、ご飯が食べれます。

Vacheron Constantin Overseas Tourbillon  Ref.6000V/110A-B544

<仕様>
素材:ステンレススティール

文字盤:ブルー
インデックス:ホワイトゴールドアワーマーカー

ケースサイズ:直径42.5mm×厚さ10.39mm
防水性:5気圧
ムーブメント:Cal.2160
パワーリザーブ:約80時間
予価:12,200,000円(税抜)


オーヴァーシーズ”はまだあります。「パーペチュアルカレンダー・エクストラフラット」です。海外では、”Ultra Thin“と表記されています。こちらも簡単には手を出すことができないモデルではありますが、技術の高さを見せつけられます。コンプリケーションモデルでありながら、「超薄型」です。シンプルな3針時計とは違い、複雑な機構を備えているにも関わらず、なんと厚みは8.1mmという作りです。41.5mmという今流のサイズであり、そのサイズを綺麗に身体に溶け込む薄さに仕上げています。

そして、このコンプリケーションモデルに貴族カラーである「ブルー」も追加されました。

ブレスレットの交換で、イメージも変わります。ピンクゴールドを採用しているので、イエローゴールドと違って使いやすいと思います。

ラバーベルトなんて、スポーティーでいいですね。オサーンはブルーの文字盤にラバーベルトで夏は過ごしたいです。欲しいモデルです。年齢層を問わないですね、ベルト交換なんてオプションがあると。
ちなみにブルーダイヤルは革ベルト・ラバーバンドとのセット、シルバーダイヤルはピンクゴールドブレスレットと革ベルト・ラバーバンドセットとなってます。

Vacheron Constantin Overseas Perpetual Calendar Ultra-Thin
Ref.4300V/000R-B509 (blue), 4300V/120R-B064 (silver dial w/gold bracelet)

<仕様>
素材:18Kピンクゴールド

文字盤:シルバー/ブルー
ケースサイズ:直径41.5mm×厚さ8.1mm
防水性:5気圧
ムーブメント:自社製自動巻きCal.1120 QP/1
パワーリザーブ:約40時間
予価:シルバー11,232,000円(税込) / ブルー 9,126,000円(税込)


ざっくりで大変申し訳ないが、こちらのモデルは2004年にデビューしたにも関わらず、250年以上もの歴史を誇るヴァシュロンコンスタンタンの伝統を強く受け継いだ正統派モデルとして地位を確立したモデル、”パトリモニー”である。他とは少し違った感じのミッドナイトブルー文字盤が新たに追加された。

一番左が手巻きモデル・右が自動巻き・真ん中が自動巻きレトログラードとなっています。このクラシックなドレスウォッチは、貴族の雰囲気がありますね。オサーンは一番左の2針モデルがお気に入りです。超薄型・革ベルト・ミッドナイトブルーという、ロレックスオメガには出せない雰囲気がプンプンしてます。いや、ロレックスオメガを安くみているわけではありません。この”パトリモニー”が3ステージぐらい上を行っているだけです。

Vacheron Constantin Patrimony  

MANUAL-WINDING
2,268,000円

RETROGRADE DAY-DATE
5,292,000円

SELF-WINDING
3,196,800円


オーヴァーシーズの紹介メインで、他はザックリですいません。また時間がありましたら各モデルはご紹介したいと思います。それにしても、やはり雲上ブランドとあって雰囲気が全く違います。時計を薄く作るということへのこだわりが強いヴァシュロン・コンスタンタンでした。