世界最大規模のロレックス正規店を覗き見する

2018年、ドデカいロレックス正規店がオープンした。それは同じアジアでも日本からは遥か遠い国、アラブ首長国連邦ドバイです。お金持ちが多く移り住み、大きなイベントが開催され、巨大ショッピングモールがある。金持ちのための街ですね。

そんなドバイにある正規店、行った気分ぐらいにはなりたいですよね。なので、

ドバイまで行ったけど、デイトナなかったわ」

と、これを読んで、明日からは言っても良いです!胸を張って言ってください!相手にされるかされないかは、あとはあなたの信用度です…

さぁ、今から店内へ!

巨大ショッピングモール、”ドバイモール“、ここにロレックスありまーす!入ってみましょう。

UAEの国旗の入った巨大革ベルトがあります。そういえば、死んだじっちゃんがよく言ってました。

「大きいことは良いことだ」

と。周りを見ると、まるで高級ホテルのロビーのような雰囲気です。空間を贅沢に使ってやがるおります。

他のフロアにも行ってみます。と、そこにあるのは!

ズラリと並んだロレックス。実物を飾った”リアルカタログ“です。ここからスポロレを売ってくれたら良いのに…しかしこれを見ているだけで、幸せな時間を過ごせそうです。

少し疲れたら、リラックスも必要です。サロンで商談できるレベルの人間になりたいです。

そしてこの建物には他にも魅力的なコーナーがあります。それがここです。オイスターブレスレットをイメージさせるドアを開いてもらうと…

謎の空間が…

重そうなドアを軽々と開ける怪力店員さんのあとに続きます。そこには…

そこには、サブマリーナシードゥエラーなどの”歴史資料館“的な部屋がありました。潜水性能のスペックなどもわかりやすく図に表されたりしております。

また、あのジェームズ・キャメロン監督の”ディープシー・チャレンジ“が展示されていたり、

1960年頃に制作された”ディープシー・スペシャル“も展示されております。

いかがでしたでしょうか?ロレックス@ドバイに行った気になれましたか?ここ数年で、ロレックスと中東諸国との関係が親密になっているので、大型店舗が誕生しています。旅行へ行くなら、ドバイカタールなんかいいんぢゃないでしょうか?


日本もかつては、「世界一お金持ちの国」なんて言われていた時もありました。しかし、そんな時代は過去のモノ。今は”景気低迷”なんて言葉を毎日のように目にします。その、”お金持ち“だった時の日本人って、どんな生活だったかを今思い起こせば、みんな一生懸命働いていたような気がします。ただ、お金は無限に増えるような錯覚に陥り、”無駄遣い“が企業で横行していた時代でもありました。中東の国々も現在、お金持ちの国がいくつかありますが、日本のそれとはまた異質です。中東諸国には”石油“という大きな経済基盤があるので国民からの税収をほとんど必要とせず、海外の金持ちが住みやすくなっています。それ故に、政府(王様)たちは、国民の意見など聞かない現実もあります。税金取らないから、好き勝手にオイルマネーを使います。

もしかしたらそんな経済も、衰退かもしれないとは限りません。なら、行くならすぐに!