ロレックス 定番プロフェッショナルモデルの価格推移を見る Part.2

今回も、過去の価格から現在の価格まで、どのような価格動向をしているのかを見ていきたいと思います。グラフの初年にあたる2014年ぐらいでは、今回紹介するモデルのほとんどが、普通にショーケースに並んでおり、「正規店で買うのはもったいない」と言われていたモデルです。今や正規店に並ぶことは、ほとんどないです。


エクスプローラー2 Ref.216570

いつもショーケースに”ミルガウス“と共に鎮座していたエクスプローラー2。しかし今では全く見ることがなくなりました。何故か人気がないのですが、立ち位置の中途半端さなのでしょうか。

当初、65万円あたりで買えたモデルが70万円台、2018年には80万円を上回るようになり、とうとう定価を突破。現在では、もう100万円目前まで迫っています。ここ数年、毎年製造終了が噂されているモデルであるので、まだまだ上昇する余地はあるでしょう。賢く買うなら、2019年中に買うのがいいのではないでしょうか。


サブマリーナ デイト Ref.116610LN

ロレックスのスポーツモデルの顔とも呼べるぐらい定番スポロレサブマリーナ Ref.116610LN(黒)です。飽きのこないシンプルなデザインは、オン/オフ問わずに使えるということで、大変人気があります。

2014年当初は、75~76万円あたりで推移しておりましたが、2016年頃には80万を超え、翌年には100万円を超えるようになってきました。そして現在では、115万円~といった実勢相場となっています。シンプルなデザインと、値頃感で人気ではありましたが、手に入れるのもなかなか難しいモデルとなっています。


シードゥエラー ディープシー Ref.116660

ハイスペックダイバーズウォッチ、シードゥエラー ディープシー Ref.116660です。Dブルーは発売当初から人気で、なかなか手に入らないモデルとなっていますが、ブラックに関してはそうでもなかったのが最近は、全く買えないモデルとなってしまっています。

2014年あたりには、高防水のシードゥエラー4000が同居していたこともあり、それほどの人気はなかった。それも今では考えられない100万円アンダーであった。もちろん他のモデル同様、右肩上がりの上昇カーブを描いていました。2018年には製造終了が噂され、一気に価格が140万円を超えるほどにまで上昇した。しかしムーブメント・サイズの変更はあったものの、デザインの大きな変更がないということもあり、旧モデル扱いとなったこのモデルは価格が下降している。少し安心できる珍しいモデルであると同時に、全てのモデルが右肩上がりだとは言えない状況を見せてくれています。


サブマリーナ デイト Ref.116600LV

人気はあるものの、元々は海外で人気のサブマリーナ・グリーンである。サブマリーナ自体の供給量がそこそこあったので、このモデルでもある程度、正規店で買うことができることがあった。

手に取ってみると良くわかるのだが、グリーンといっても光の当たり方によってはとても深い、黒に近い色になると思えば、大変美しい眩いばかりのグリーンに輝くダイヤルに見えたりと、「思ってた以上」の良さを感じるだろう。そんなRef.116610LVも、2014年あたりでは100万円アンダーで買うことができた。徐々に人気が出てきたと思うと2017年後半あたりから一気の価格上昇。どうやら海外での根強い人気が日本にも大きな影響を与えているようで、現在は150万円オーバーとなっている。


正規店巡りで多くの人が狙っているであろうモデルを紹介しました。この中でもサブマリーナは、ロレックススポーツモデルとしての「」のようなモデルなので、製造数もそれなりに多いようである。しかしながらはるかに需要が多すぎる現状ですね。

テキストのコピーはできません。