ロレックス GMTマスターの歴史【発展編】

はじめに

物価の上昇とは別次元で高騰していく高級ブランド品。ロレックスもそうである。日本はバブル崩壊という経済の悪化から抜け出せないでいる中、ロレックスの定価も上昇していった。しかしそれに伴ってあらゆる面でロレックスは技術力も高めていった。その結果、新たな”GMTマスター2”が誕生した。


116718LN(2005年)

2005年、新たな技術がGMTマスター2に搭載された。それは、ベゼルの”セラミック化”である。”GMTマスター誕生50周年”ということで、ロレックスのコーボレートカラーのグリーンをあしらったダイヤルにセラクロムベゼルを搭載したモデルが初登場した。

Ref.116718LN Black / Green

アルミ製ベゼルは傷が付きやすく、耐久性に問題があった。そこで傷の付きにくいロレックスの特殊技術を盛り込んだベゼルが登場した。数字もプリントではなく掘り込みで、見た目の高級感もアップした。


116713LN(2006年)

翌年、金無垢モデルに続いてコンビモデルのセラクロムベゼル化が行われた。しかし、それまで製造していた先代モデルのRef16713では存在した「茶金ベゼル」モデルが継承されず、金無垢モデル同様、セラクロムベゼルの二色化の技術の難しさを感じさせる結果となった。

Ref.116713LN

Ref.116710LN(2007年)

コンビモデル登場の翌年、待望のステンレスモデルが登場した。それまで、”GMTマスターシリーズ”の人気カラーは、圧倒的に”ブラック”であった。
そんな中、”ブラック”から市場へ出てくるのは当然の流れであったのだが、ここでロレックスファンの熱の方向が大きく変化を起こすこととなる。「GMTマスターのイメージカラー」です。これまで”GMTマスター”と言えば、ベゼルディスクカラーが2色に色分けされているのが”レギュラー”であり、単色は”イレギュラー”だったはずである。今回の「新型GMTマスター2・ブラック単色」は、”二色ベゼル待望論”を引き起こすこととなる。そして徐々にこれまでの”ペプシモデル”などの価格の上昇が顕著になってくる。


Ref,116710BLNR(2013年)

Ref.116710BLNR

「もうセラクロムベゼルの二色化は技術的に無理なのではないか」とまで言われるようになっていた。なぜなら、”SSブラック”が発表された以来、5年も経過していたからである。そんな2013年、ロレックスファンの期待を”いい意味で”大きく裏切った。それは、これまでにない二色のカラーベゼル搭載の”新生GMTマスター2”であった。これでみんなが気付いたことは、「やっぱりGMTマスターは2色のベゼル」という確信が生まれた年であった。
しかし一方で、「二色化を苦肉の策として、青×黒でしのいだ」とする見方もあった。”赤”という色のセラクロム化が「ムリ」なのではないか、と言われるようになり、製造中止している「ペプシモデル」の市場での実勢価格が上昇していった。


Ref.116719BLRO(2014年)

前年に衝撃を与えた「青×黒ベゼル」は、”バットマン”という愛称をもち、一気に人気モデルへ上り詰め、正規店では手に入らないモデルになった。そこで再び巻き起こったのは、「ペプシ待望論」である。その期待を形に表したのが2014年である。なんと、セラクロムベゼルの”ペプシ”が登場した。

Ref.116719BLRO

ホワイトゴールドの無垢モデルであり、待ちに待ったファンたちは肩を落とした。この時、ロレックスファンたちは口々に「ペプシは無垢路線」という住み分けをした。この結果を受け、ますます過去のモデル、Ref.16710Ref.16700などのSS製ペプシの人気復活に拍車をかけることとなった。


Ref.126710BLRO

半ば諦めていたということもあり、2018年のバーゼルワールドでは目を疑った。あの”ペプシベゼル”が、ステンレスモデルに搭載されて帰ってきた。

しかしオサーンには謎がとけない。なぜジュビリーブレスだけなのか。ロレックスは理由を持っているはずである。”GMTマスター2”は、ステンレスモデルでも、高級路線に舵を切ろうとしているのだろうか。いつか、その謎も解けることがあるだろう。

Ref.126711CHNR

そして同じく2018年に発表されたのが、エバーローズゴールドを使用したコンビモデルである。イエローゴールドとは違い、落ち着きがある。気になるベゼルは”茶×黒”という渋さ。

Ref.126711

この展開をみると、これまでコンビモデルの代名詞的カラー、”茶×金”が消えることを意味している。このカラーリングは、人気が出そうである。

Ref.126715CHNR

Ref.126715

そしてこのチョコレートのような素敵なGMTマスター2も、2018年に発表された。金無垢モデルは高価であるにも関わらず、これまたすぐには手に入らない状況になっているようです。50年以上の歴史があり、15年前ぐらいまではそれほど人気もなかった”GMTマスター”が、今やここまで発展し、ロレックスの人気モデルになることは、完璧を追い求めるロレックスにとっては当然の結果なのかもしれない。


簡単に3部作に”GMTマスターの歴史”を振り返ってみました。これはまだまだ途中であり、これから先もロレックスは我々を楽しませてくれるだろうし、新たなるサプライズを提供してくれるだろう。